バリテインの効果を解説。成分の配合量が不明なのでオススメ出来ません。

バリテインの効果を解説。成分の配合量が不明なのでオススメ出来ません。

増大系サプリで調べると、上位に表示されることが多いバリテイン。
注文数が34万個を超えたとのことで、一定の需要があるサプリのようです。

公式サイトには「原価度外視の驚くべき商品力」なんて記載がありますが、果たして本当でしょうか…。

バリテインの成分や実力、飲み方などについて調査してみました!
増大サプリを選ぶ参考にしてみてください。

バリテインの詳細

成分 トナカイ角・豚プラセンタ・馬睾丸・マムシ・スッポン・タツノオトシゴ・鯉胆・ウナギ・サソリ・サメ肝油・さけ白子・しじみ・カキ肉・ローヤルゼリー・アリ・トンカットアリ・マカ・ムイラプアマ・にんにく・冬虫夏草・高麗人参クコシ・松樹皮・田七人参・クラチャイダム・ガラナ・エゾウコギ・赤ガウクルア・ワイルドヤム・霊芝・L-シトルリン・L-アルギニン・L-オルニチン・L-トリプトファン・L-バリン・L-ロイシン・L-イソロイシン・L-リジン・L-グルタミン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンK・ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD・馬の心臓・馬プラセンタ・水蛭・長命草・アラビアガム・ジャムゥガリアン・スピルリナ・エンジュ・ヘマトコッカス藻・ステアリン酸Ca・コエンザイムQ10・パントテン酸Ca・ヘスペリジン・ナイアシン・コンドロイチン・カミツレ・サンザシ・雪蓮花・ウコン・マテ・メカブ・トンブリ・チンピ・ツルドクダミ・クマザサ・カンゾウ・山伏茸子・アヤムラサキイモ・メシマコブ・葉酸・亜鉛含有酵母・銅含有酵母・鉄含有酵母・クロム含有酵母・モリブデン含有酵母・マンガン含有酵母・プロポリス・レシチン・馬精製油・鳥骨鶏卵黄油・アスパラガスラセモサ・EPA含有精製魚油・DHA含有精製魚油・山西老陳酢濃縮末・ルチン・環状オリゴ糖・αリポ酸・D-リボース・N-アセチルグルコサミン・明日葉・L-アスパラギン酸ナトリウム・グリシン・カカオエキス・杜仲・紅参・ウーロン茶・黒胡椒・黒大豆種皮・発酵黒タマネギ・よもぎ・大麦若葉・米・赤ワイン・米胚芽・大豆発酵抽出物・リンゴベリー・食用ブドウ油・トマト色素
以下酵素原料(ヨモギ・ウコン・ドクダミ・キダチアロエ・高麗人参・ハト麦・オトギリソウ・クマザサ・タンポポの根・エビスグサの種子・レイシ・アマチャヅル・ハブ草・トチュウ葉・オオバコ・カンゾウ・マツ葉・ナンテンの葉・アマドコロ・ツユクサ・ツルナ・レンセンソウ・モモの葉・イチョウ葉・ニンドウ・イチジクの葉・ベニバナ・エゾウコギ・エンメイ草・ビワ葉・モロヘイヤ・セッコウボク・アカメガシワ・クコ葉・スギナ・メグスリの木・カキの葉・カミツレ・シソの葉・センシンレン・クワ葉・田七人参・キキョウ根・サラシア・ムイラプアマ・イボナシツヅラフジ・ツボクサ・トゥルシー・キャッツクロー・ルイボス・ウメ・ヤマイモ・クコの実・ラカンカ・カリン・ミカンの皮・ショウガ・キンカン・ハチミツ・タマネギの外皮・ナツメ・トウガラシ・ミカン・パイナップル・リンゴ・ブドウ・イチジク・グレープフルーツ・メロン・レモン・アンズ・シイタケ・ニンジン・タマネギ・パセリ・ゴボウ・ニンニク・ラッキョウ・キャベツ・モヤシ・イチイの実・紅参・アムラの実・ハッショウマメ・コンブ・フノリ)
参考価格 1箱90カプセル約30日分 13,800円(税込・送料648円別)
販売元 株式会社MID(メディカルインダイレクト)

販売元である株式会社MIDは、現在バリテインのみを販売しているようです。
住所・電話番号はちゃんと載っていますし、どちらも架空のものではありません。

実態のない怪しい会社ということはないようですね。

バリテインの有効成分を解説

とにかく成分の種類が多いですね!

直接配合の成分が115種類、酵素原料として86種類使用しているそうです。
(数えたところ、ちゃんとありました。)

ヴィトックスαの記事を読んでいただいた方はおわかりと思いますが、私よくわからないものが大量に入っている商品全く信用しません

何ならここで読むのをやめてもらっても大丈夫です。
(あ、でも下の「バリテインの飲み方!いつ、どのくらい飲むのが効果的?」のところに増大サプリのオススメ使用方法をまとめたので、そちらだけでも読んでほしいです!)

とは言ってもここで終わりというのもどうかなと思うので、少し詳しく内容を見てみようと思います。

動物系成分

成分表で最初の方に書いてある、トナカイ角・豚プラセンタ・馬睾丸・マムシ・スッポン・タツノオトシゴ・鯉胆・ウナギ・サソリなどが該当します。

動物の身体はタンパク質で構成されており、タンパク質はアミノ酸が元となっています。

つまり動物系成分は、アミノ酸をバランスよく摂取することにつながるため精力アップサプリに配合されています。

アミノ酸が不足すると体力・男性ホルモンなど様々な精力に欠かせない要素が不足してしまうためですね。

バリテインで一応動物系のメインとしているスッポンはカメの仲間。

滋養強壮によいことが知られており、スッポンに含まれる健康成分はアミノ酸・ビタミン・亜鉛・コラーゲンなどで、疲労回復美肌に良いとして様々なサプリメントに配合されています。

動物系成分の中にはマムシなど現在でも漢方薬として使用されているものもあり、効果がハッキリとしている成分も。
ホルモンを調整する効果を持つ成分などもありますが、全体的には滋養強壮に良いものが多いです。

歴史の中で経験的に「滋養に良い」「疲労回復に良い」と使われてきたものが多く、どれくらい食べれば良いという詳しい指標がないものが多いという面もあります。

前述のスッポンも、摂取目安量などは特に存在しません。

植物系成分

マカ・ムイラプアマ・にんにく・冬虫夏草・高麗人参クコシ・松樹皮・田七人参・クラチャイダム・ガラナなど、成分表で動物系成分の次に表示されているものです。

動物性成分よりも漢方薬として使われているものが多く、治療に対する服用量が示されているものが多いのが特徴。

EDに対する研究が行われている成分もいくつかあります。

クラチャイダムマカなど精力剤成分として人気があるものも配合されていますね。

多くのものがアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどを多く含有し、疲労を始め様々な体調不良に使用されます。

動物系成分とは違いそのままの形では摂取しにくいので、漢方薬・サプリメントやお茶などに煎じて飲むのが一般的。

バリテインの植物系成分のメインは、性ホルモンを増やす効果や血行を改善する効果が認められているハーブのトンカットアリ

良いものではありますが配合量が不明なので、効果についてはわかりません。

アミノ酸

L-シトルリン・L-アルギニン・L-オルニチン・L-トリプトファン・L-バリン・L-ロイシン・L-イソロイシン・L-リジン・L-グルタミンが配合されています。

私たちの身体にある筋肉・内臓・髪・皮膚などは全てタンパク質であり、それらはアミノ酸により構成されています。

人間が生きていく上で欠かせない成分であり、精力サプリには血流アップや疲労回復などを目的として配合されることが多いですね。

特にシトルリンとアルギニンには血管を拡張する一酸化窒素を増やす効果があるため、増大サプリにもよく含まれています。

バリテインもアミノ酸の中では、シトルリンを一番多く配合しているようです。

ビタミン・ミネラル

ビタミンとしてビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンK・ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD・葉酸、ミネラルは亜鉛含有酵母・銅含有酵母・鉄含有酵母・クロム含有酵母・モリブデン含有酵母・マンガン含有酵母が配合されています。

ビタミンは直接的に大きく精力アップに関わるわけではないですが、不足すると様々な体調不良の原因となるので食事やサプリメントでしっかり補いたい成分ですね。

一方亜鉛やクロムなどミネラルは精子や男性ホルモンの生成に欠かせないので、精力アップを考えるなら絶対に不足させたくないもの。

特に亜鉛は不足しがちな成分なので、サプリメントで補給したいですね。

酵素成分(野草発酵エキス)

酵素とは一般的に消化酵素や補酵素のことを指します。

どちらも食事からの栄養吸収を助けたり、ビタミンやミネラルの吸収率を上げるなど、身体の中で補助的な役割を果たします。

バリテインに入っている酵素は食物酵素と呼ばれ、発酵食品に発生する酵素です。

近年流行った酵素ドリンクと同じものですね。

食物酵素を取りいれることで代謝が高まったり、細胞の修復が早まるのでダイエットや美容に良いと言われています。

サプリメントに酵素を配合する意味は、配合成分の吸収を高めたり、新陳代謝アップによる細胞分裂促進・疲労回復などから精力アップ効果を高める狙いが。

健康のためには取った方が良いものですが、精力アップに欠かせないというほどでもありません。

115種類もの成分が入っているので、1つ1つを見て行けば良いものはたくさん入っています。
ただどれくらい入っているのかサッパリわからないので、何も評価できません。
よくわからないものに1か月1万円以上かけるのは、かなり勇気がいりますね。

バリテインの飲み方!いつ、どのくらい飲むのが効果的?

バリテインは3種類のカプセルを1日1つずつ、合計3カプセル飲む商品。

公式サイトには表示されていませんが、パッケージの内容成分表示にはそれぞれのカプセルに対してメインとなる成分が表示されています。

  • ソフトカプセル(1カプセルあたり460mg):スッポン末含有加工食品
  • ホワイトカプセル(1カプセルあたり313mg):L-シトルリン含有加工食品
  • ベージュカプセル(1カプセルあたり313mg):トンカットアリエキス・野草発酵エキス含有加工食品

ただメインと言っても「わずかに他よりも多く入っている」程度でしょう。
成分表示では、デキストリンやゼラチンなどカプセル原料の次にメインとなる成分が来るようです。

つまりカプセルの中で一番多いのはカプセル原料ということになります。

さらにそれぞれのカプセルに30~40種類もの成分が配合されているとなると、メイン成分はごくわずかのはず。

成分から効果的な飲み方を考えるのは、難しいですね…。

ただ「いつ飲んでもOK」という精力サプリが多い中で、バリテインは公式推奨の飲み方があります。

  • 朝食後:ソフトカプセル1個
  • 昼食後:ホワイトカプセル1個
  • 夕食後:ベージュカプセル1個
加えて「食後30分以内にお飲みください」という記載がありますが、ちょっと疑問アリ。

薬でも絶対に食後!と決まっているのは血糖値の薬と痛み止めくらいで、ほとんどの薬は実は食後じゃなくてもOK。

飲み忘れ防止と、なるべく胃に負担をかけないために食後と指定していることが大半。

サプリメントであるバリテインが胃に大きな負担をかけるとは思いにくく、アミノ酸など空腹時の方が吸収しやすい成分も多いです。

つまり公式指定の食後にこだわる必要は全くないと考えます。

ではいつ飲むのが良いのかというとバリテインがペニス増大を目的としているサプリなので、寝る前の空腹時にまとめて飲むのがオススメ。

正確に言えば夕食から2時間以上経過後ですね。

食事から2時間経てばある程度の消化が進み、サプリメントなどの吸収に影響が出にくいとされています。

私が考える増大サプリの理想的な使用方法は以下の手順。

  1. 夕食後から2時間以上経ってからサプリを飲む。
  2. サプリを飲んでから1時間以上後にチントレをする。
  3. グッスリ眠る。
ペニスの成長に大きく関わる成長ホルモンは、深い眠りであるノンレム睡眠中に分泌されます。

寝る前にスマホを見るなど良い睡眠を妨げる行為をしていると、ノンレム睡眠が減少し増大サプリの効果も得られにくくなるので注意してくださいね!

バリテインの定期購入

バリテインには多くの精力サプリにある定期コースがありません

その代わりにまとめ買いによる割引を行っています。

それぞれの価格は以下のとおり。

  • 1箱:13,800円
  • 2箱:24,300円(1箱あたり12,150円)
  • 3箱:33,800円(1箱あたり11,266円)
  • 4箱:43,300円(1箱あたり10,825円)
  • 5箱:52,300円(1箱あたり10,460円)
これに加えて1回の配送につき送料が全国一律648円かかるので、必要な場合にはなるべくまとめて購入する方が良いですね。

ただし返金制度もないので、初回は1箱で注文することをオススメします。

大量に様々な成分が入っているので、体質に合わない可能性もあります。

私もいくつか食べ物のアレルギーがあるので、この商品は飲めないかもしれません。

バリテインの最終評価

まずキャッチコピーの「原価度外視の驚くべき商品力」、これはないかな^^;

現状バリテインしか販売していない会社なのに、原価度外視の商品を売っていたら潰れますよね。

全体的によくわからないものだな~という印象ですが、精力サプリの中でも高額な部類。
お試しパックや定期コースの割引もなく、手を出しにくい内容です。

もう1つオススメしにくいと思うのは、3種類のカプセルを1つずつ飲むということ。

同じカプセルや錠剤を複数飲むのと違って、3種類を取り出すのって結構面倒ですよね。
毎日忙しい男性陣にこれを継続してもらうのはちょっと大変なんじゃないかな~と思いました。

増大サプリは他にも販売されているので、バリテインを選ぶ必要はなさそうです。

色々と身体に良い成分は入っていますが、全てが配合量不明。
飲み方の指示も理由不明ですし、パッとしない商品です。
その割に高額ですし、同じペニス増大系なら「ヴォルスター・ビヨンド」の方がオススメ。
成分量が多いのでアレルギーの心配があるのにお試しパックがないなど、ちょっと不親切ですよね。