ペニブースト(旧ペニトリンMAX)

ペニブースト(旧ペニトリンMAX)

「アメリカやタイで爆発的人気!」という謳い文句で販売されていたペニス増大サプリ、ペニトリンMAX

こちらが2018年1月にリニューアルして、ペニブーストという名前になりました。

名前だけではなく中身の成分も少し変わっているようですが、本当にペニス増大効果があるんでしょうか?

リニューアル前後で何が変わったのかを含め、ペニブーストが本当に飲む価値のある商品かどうか見て行きます!

ペニブースト(旧ペニトリンMAX)の詳細

成分L-シトルリン ・L-アルギニン・トンカットアリ・亜鉛含有酵母・ポリフェノール・プロポリス・カルシウム/デキストリン・ゼラチン・ステアリン酸カルシウム・二酸化チタン
参考価格(税込)1本60粒入 10,980円
※送料別(全国一律850円・沖縄のみ1,800円)
販売元G’s CAFE (株式会社AILL)

ペニブーストに含まれている成分は全部で11種類。

そのうちデキストリン・ゼラチン・ステアリン酸カルシウム・二酸化チタンはカプセル原料や添加物などで、身体に作用・影響のないものです。
つまりチェックすべき成分は7つということですね。

1本あたりの通常価格は10,980円ですが、現在(平成30年5月中旬時点)キャンペーンにより8,200円に割引されています。

1本でも送料がかかるので、実質1本9,050円

販売サイトであるG’s CAFE を運営しているのは東京にある株式会社AILLという会社で、サプリメントの販売やスマホ向けアプリの開発を行っているそうです。

取り扱っているサプリメントは現時点ではペニブーストとギムロットαの2種類のみ。
どちらもペニス増大を目的としたサプリメントです。

ペニブーストの有効成分を解説

このサイトでは、1日分の成分量から精力剤の評価をしていますので、1日2粒のペニブーストを飲んだときに摂取できる成分量を見てみましょう。

ペニブースト成分量 記載分(2粒)
  • L-アルギニン 560mg
  • L-シトルリン 1,560mg相当量(100倍濃縮)
  • トンカットアリ 300mg相当量(10倍濃縮)

旧商品であるペニトリンに関しては亜鉛など他の成分量がわかっていたようですが、ペニブーストでは上記3つの成分量しか明記されていません。

調べてもわからなかったので、販売サイトであるG’sCAFEに問い合わせてみました。

サイトの問い合わせフォームから送信後、翌日には返信が来ていました。
問い合わせに対するレスポンスが早いのは、信頼できて良いですね。

問い合わせの結果、1日2粒服用時の成分量は以下の量であることがわかりました。

ペニブースト成分量 不明分(2粒)
  • プロポリス 20mg
  • 亜鉛含有酵母 45mg
  • ポリフェノール 30mg
  • カルシウム 10mg

順番に配合成分について、詳しく見て行きましょう。

L-アルギニン

増大サプリだけではなく、精力剤一般によく使われる成分。
アミノ酸の一種であり、体内で生成できないため食事などから摂る必要がある必須アミノ酸です。

なぜ増大サプリや精力サプリにアルギニンが配合されるのかと言うと、体内の血流に深く関わっているから

体内で発生する一酸化窒素は血管を広げて血流を改善する効果がありますが、その一酸化窒素(NO)の生成に欠かせないのがアルギニンです。

食事から摂取したアルギニンに一酸化窒素合成酵素(NOS)が加わることで、一酸化窒素が発生します。

つまりアルギニンを十分に摂ることで血管が広がり、ペニスに入る血液量も増えるので膨張率が上がるということ。

高い膨張率での勃起を繰り返すことで、ゴム風船が繰り返し膨らませると元のサイズも大きくなるようにペニスサイズもアップ。

ただしアルギニン単体で効果を得るためには1日5,000mgほど必要と言われており、アルギニンがそこまで高配合の精力剤は国内にはありません。

今までアルギニンの配合量が比較的多めと紹介していた赤ガウクルア革命王には、1日分300mgのアルギニンが入っていました。

ペニブーストにはそれを上回る1日分560mgのアルギニンが配合されているので、アルギニンを摂るならペニブーストがオススメです。

Lーシトルリン

Lーシトルリン

アミノ酸の一種で、スイカやメロンなどウリ科の植物に多く含まれる成分です。

アルギニンとは違い非必須アミノ酸なので食品から摂らなくても体内で生成可能ですが、年齢と共に体内での生産量が減るためサプリで摂るのが◎

シトルリンはヒトの体内で、アルギニンに変化します。
つまるシトルリンを摂ることで、アルギニンが増えるということ。

アルギニンとシトルリンについてはアルギニンとシトルリンってなに?成分・効果をお伝えしますで、さらに詳しく解説しています。

アルギニンをそのまま摂るよりもシトルリンの形で摂取する方が変化を感じやすいと言われており、精力サプリでもシトルリン重視の傾向。

シトルリンは1日1,500mg摂ればEDに改善効果があることが認められており、ペニス増大目的でもそれくらいの量入っていれば文句なし。

ペニブースト1日分に含まれているシトルリンは1,560mgなので合格ですが、ちょっと気になるのが「濃縮」ということ。

シトルリン自体を濃縮することはできないので、シトルリンの原料となる素材を濃縮していると考えるのが普通です。

素材を濃縮して残ったシトルリンが、そのまま摂取した場合と同じように働くかどうかはちょっとわかりかねます。

アミノ酸に関する濃縮に対しては、あまり情報がありません。
正直1粒780mgくらいなら、濃縮しなくても配合可能だったのでは…?とは思います。

ただシトルリンを1日1,560mgも摂取できる精力サプリはそうそうなく、アルギニン・シトルリンを十分な量摂取できるのはペニブーストだけということになります。

トンカットアリ

トンカットアリ

東南アジア地方で栽培される、ハーブの一種。

男性ホルモンを増やしたり血行を良くする効果が認められており、トンカットアリを配合している精力サプリは珍しくありません。

生産地付近では精力増強目的でよく使用される植物ですが、とても高価なのでサプリに配合できる量はわずかです。

その中でもペニブーストの10倍濃縮で300mgという量は、精力サプリの中でかなり多い方

年齢による男性ホルモン低下がある方であれば、多少の変化が出る可能性は十分にあります。

プロポリス

プロポリス

ミツバチが巣を作るために集めた樹脂由来物質のことであり、ハチミツ同様殺菌力が高い健康食品。
免疫力を高めるほか、生活習慣病・ダイエット・美肌などにも良い影響が。

その理由はプロポリスには高い抗酸化作用があるためであり、体内の酸化物質による血流悪化などにオススメ。

つまり血流を良くすることでのペニスに入る血流量アップを狙っての配合と思いますが、20mg程度では入ってないのと同じかも。

亜鉛含有酵母

亜鉛は精力サプリに欠かせない成分であり、精子の質・量や男性ホルモンの量に関わります。

亜鉛そのものを取ってもあまり吸収されません。
食事か亜鉛含有酵母という酵母に亜鉛を摂り込ませた形で摂るのが理想。

ペニブースト1日分に含まれる亜鉛含有酵母は45mgです。
実はこの量そのまま亜鉛の量というわけではなく、一般的に亜鉛含有酵母の10%ほどが亜鉛として摂取できることになります。

つまりペニブースト1日分に含まれる亜鉛の量は約4.5mg。
亜鉛の摂取目安量は成人男性で12mg、亜鉛平均摂取量は1日あたり8.9mgです。

つまり食事+ペニブーストで約13.4mgに。
ちょうど良い量だと思いますよ。

ポリフェノール

植物に含まれる苦み・色素のこと。
抗酸化作用が強く、健康・美肌などに良い影響があります。

様々な種類があり、有名なものだとチョコレートなどに含まれるカカオポリフェノール・赤ワインに含まれるレスベラトロールなど。

ペニブーストに入っているポリフェノール量は、赤ワイン一口分程度なので大した効果は期待できません。

カルシウム

ミネラルの一種であり、体内の約99%のカルシウムは骨と歯に存在します。
30~40代男性の1日摂取推奨量は650mgであり、ペニブーストに含まれると予想される10mgは牛乳一口分にも満たない量です。

栄養摂取ではなく添加物として配合されている可能性がありますね。

主成分であるアルギニン・シトルリン・トンカットアリに関しては、かなり高評価。
他の精力剤と比べても配合量が多く、変化が期待できる内容です。

シトルリンが濃縮状態なのが少し気になりますが、濃縮により効果が消失するということはないので表示量通りとは言わなくても、ある程度のシトルリンのパワーは得られます。

亜鉛の量もかなりちょうど良く、食事で補いきれない亜鉛を良い感じで補充してくれますね。
ただそれ以外の成分に関しては完全にオマケ程度です。

ペニブーストの飲み方を解説!いつ、どのくらい飲むのが効果的?

ペニス増大サプリに限らず、多くの精力剤では飲み時間や量の目安を公式サイトで表示しています。

ほとんどの商品が医薬品ではなく健康食品(サプリメント)なので用法用量などは存在しませんが、ある程度の目安は必要です。
ただペニブーストの場合は、公式サイトを見ても飲み方がイマイチわからないんですよね。

販売サイトをたどって行けば商品紹介のページにお召し上がり方として「栄養補助食品として、1日2~4粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください」という表示はありました。

仮に1日2粒飲むとすれば1瓶が1か月分、1日4粒なら半月分。

増大系サプリは長く飲む必要があるので、1本1万円弱ほどするサプリメントを毎月2本続けるのは、ちょっと現実的ではないですね。
(もちろん金銭的に余裕があるなら、4粒飲んだほうが良いです)

つまり飲む量は1日2粒がちょうど良いと考えてOKです。

高いサプリメントなので1日1粒で様子を見たくなるかもしれませんが、少なすぎては意味がなくなってしまうので逆にもったいないです。

気になる飲むタイミングですが、オススメは夕食後の2時間以上あと

飲み忘れにくいのは食後すぐなんですが、食後すぐは、胃の中に食べ物があるのでサプリメントが吸収されにくい環境です。

食事から2時間経てばある程度の消化が進み、サプリメントなどの吸収に影響が出にくいとされています。

寝る前に飲むのも良いんですが、できれば夕食から寝る前の間に飲んでおいて血管を広げ、その上で寝る前にチントレをしてサプリ効果を高めたいところ。

私が考える増大サプリの理想的な使用方法は以下の手順。

  1. 夕食後から2時間以上経ってからサプリを飲む。
  2. サプリを飲んでから1時間以上後にチントレをする。
  3. グッスリ眠る。

飲むのを忘れてしまった場合には、寝る前に飲んでも問題なし。
飲まないよりはタイミングがずれても飲んだ方が良いです。

そしてペニスの成長に欠かせない成長ホルモンは、深い眠りであるノンレム睡眠中に分泌されます。

寝る前にスマホを見るなど良い睡眠を妨げる行為をしていると、ノンレム睡眠が減少し増大サプリの効果も得られにくくなるので注意してください!

オススメの飲み方は1日2粒を夕食後2時間後。

増大サプリはどんなものでも飲むだけでは効果が十分には出ず、毎日じゃなくても良いのでチントレを組み合わせるのが大切。

チントレのやり方は、ペニス(ちんこ)を大きくでかくする方法を6つ紹介を参考にしてくださいね。

ペニブーストに副作用はある?

結論として、大きな副作用が心配される成分はありません
もちろんトンカットアリ・プロポリスなど自然成分が配合されているので、アレルギーなど体質に合わないケースは考えられます。

飲み始めて何となくだるい・喉や皮膚がかゆい・下痢や吐き気など胃腸の不調等気になる症状がある場合には、一度飲むのをやめて病院を受診してください。

また医薬品ではないのでほとんどないことですが、ペニブーストのように血流を良くする成分が入っているサプリメントを飲むことで、体のかゆみ・頭痛を感じることがあります。

しばらく続けることで気にならなくなることが多いですが、どうしても症状が気になる・ツライ場合には体質に合っていないということ。
無理せず別のサプリメントに切り替えてください。

ペニブーストの価格をAmazon、楽天、公式サイトで比較。定期購入もチェックしました

ネットで買い物をするときに、大手ショッピングサイトを利用する機会は多いハズ。
特に楽天はポイントがたくさんつくので、我が家でもよく使っています。

ペニブーストもショッピングサイトで購入できればお得だな…と思い調べましたが、楽天・Amazon・ヤフーショッピングのどこも取扱いがありませんでした

つまり公式サイト(ジーズカフェ)でしか、購入できないということですね。
多くの精力サプリに定期購入制度がありますが、ペニブーストにはありません。

その代りまとめて購入することで、少しお得に買うことができます。

現在(平成30年5月中旬)では販売開始記念として、1つからでも割引があります。

  • 1本 8,200円(定価から2,780円引き)
  • 2本(1本プレゼントなので実質3本) 16,000円(1本あたり5,333円)
  • 3本(1本プレゼントなので実質4本) 24,200円(1本あたり6,050円)

公式サイトでは定価に対していくら安くなるのかという表示なので、一見3本で買うのが安いように見えます。

ただ1本あたりがいくらになるのかで考えると、実は2本購入して1本もらうのが一番オトクです。

返金制度があるとは言え長く続けることが前提なので、2本セットを購入するのが良いと思いますよ。

楽天やAmazonなどショッピングサイトでの取り扱いはないので、ペニブーストは公式販売サイトであるジーズカフェでしか購入できません。

1本からでも購入はできますが、何本買っても送料は同じです。

さらにキャンペーン中で2本以上購入すると1本プレゼントがつくことを考えると、2本パックを購入するのがオトクです。

ペニブーストの返金制度について

ペニブーストには返金制度が設けられています。
返金保証期間は30日間なので、効果が出るかどうかを判断するにはちょっと短いですね。

どんなペニス増大系サプリでも、2ヵ月は続けないと変化がわからないと思います。

成分が体質に合わない・カプセルが飲みにくい…など続けられない理由がある場合には、返金制度があると安心。

とくに増大サプリは価格が高いものが多いので、返金制度があるとないではハードルの高さが大きく変わります。

ただしペニブーストの返金制度は30日間とは言うものの、返金の適応となるのは商品到着後から1週間後~注文日から30日後までのあいだ

注文から到着までは2~3日かかるのが普通なので、返金制度を使えるのは3週間くらいの期間ということですね。

また返金事務手数料1,080円・振込手数料648円・返送時の送料が自己負担となります。

返送には追跡可能で価格の安いゆうパケットを使用すると250円で済むので、合計1,978円です。
返金制度を利用しても無料で試せるわけではないので、よく考えてから注文してください。

ただ、増大サプリで返金制度があるのは珍しいので、かなり良心的だと思います!

ペニブーストの最終評価

「アメリカやタイで爆発的人気!」について、一体アメリカやタイでどの知名度があるのかわかりませんでした。

ただ公式サイトを見ると累計販売個数はアメリカ・タイなどアジア・日本の全てで125万個とのこと。
サントリーの有名サプリであるセサミンの累計販売数は3,000万個。

一般的な健康に対して飲むセサミンに比べれば増大サプリの需要は低いものの、数か国の売り上げで125万個は決して多くないのがわかります。
そうは言っても、ペニブーストが悪いものということではありません。

メインの成分であるアルギニン・シトルリン・トンカットアリは他の増大サプリに比べて十分な量が入っていますし、極端に高額商品でもありません。

アルギニン・シトルリンは増大サプリ以外の一般向け精力サプリを含めても、かなり多い方です。

気になるのはシトルリンが濃縮アミノ酸であることなんですが、濃縮により効果が全くなくなるということはないので、1日2粒続けて行けば良い影響が得られそう。

キャンペーン中であれば2本分の値段で3か月試せるため、結果を判断するのに十分な期間飲むことができるのも良いですね。

あまり有名サイトではないこと、成分表示がハッキリしていないことが心配でしたが、なかなか好印象な内容でした。

特にアルギニン・シトルリンが高配合なのに、増大サプリの中では値段が低めで続けやすいのも良いですね。

ペニスサイズだけではなく精力に対するアプローチも期待できるので、試す価値ありと判断できます。