海乳EX

「海のミルク」と呼ばれるほど栄養が豊富な牡蠣。

男性の精力に欠かせない亜鉛がタップリ含まれていて、アミノ酸やミネラル・ビタミンなど人間が健康に生きていくために必要な栄養素も豊富。

できれば毎日食べたいところですが…牡蠣ってお安くないですし、毎日はちょっと無理ですよね…。

そこで活用したいのがサプリメント。

牡蠣をタップリと含んだ海乳EXの実力、その中身や効果について調査してみました!
薬剤師視点からの評価もしていきますよ!

海乳EXの詳細

成分 サフラワー油・牡蠣肉エキス・ビール酵母
ゼラチン・グリセリン・ミツロウ
グリセリン脂肪酸エステル
着色料(イカスミ色素)・ビタミンE
※1日分2粒に亜鉛12mg
通常価格 1袋540mg×62粒入り
約1か月分 2,052円(税込)
販売元 株式会社 パレベストプラン
健康サポートセンター

海乳EXの成分

サプリメントに限らず食品類の成分は、内容量が多いものから表示されます。

つまり海乳EXであれば一番含有量が多いのは「サフラワー油」ということになりますね。

サフラワー油は、ベニバナ油のことです。

サフラワー油にも健康に良い効果がないわけじゃないですが、サプリメントにサフラワー油が配合されるのは添加物としてです。

また、ゼラチン・グリセリン・ミツロウ・グリセリン脂肪酸エステル・着色料(イカスミ色素)も全てカプセルを作るための添加物であり、有効成分ではありません。

ビタミンEには抗酸化作用や血流改善効果がありますが含有量がとても少ないようなので、サプリ成分の酸化防止剤として配合されているのだと思います。

結論として海乳EXに入っているもので効果が期待できる成分は、牡蠣肉エキス・ビール酵母の2つ。

この2つを詳しく見ていきましょう!

牡蠣肉エキス

牡蠣

牡蠣が「海のミルク」と呼ばれるのは、見た目の色が乳白色でミルクに似ていることに加えて、ミルクと同じくらい身体に良い栄養素が含まれているから。
海の完全食品なんて呼ばれることも。

そしてその具体的な栄養素は以下のとおり。

  • タンパク質
  • タウリン
  • グリコーゲン
  • アミノ酸 アルギニン
  • ビタミンA・B群・C
  • ミネラル(亜鉛・鉄・銅・コバルト・カルシウムなど)

この中でも特に海乳EX公式サイトで推している栄養素が亜鉛・アミノ酸・グリコーゲン・ビタミンB群
詳しく見ていきます。

亜鉛

ミネラルの一つである亜鉛は、精子や精液に良い影響を与えることから精力剤サプリには欠かせない栄養素として扱われています。

男性ホルモンであるテストステロンは亜鉛が不足すると上手く生成されなくなるため、精力低下の原因となってしまいます。

男性不妊の原因の一つが亜鉛不足と言われているくらい。

精力関係以外でも亜鉛の不足は、味覚障害・皮膚の異常・抜け毛・免疫力の低下など様々な体の不調の原因となります。

亜鉛は多くの食品に微量ずつ含まれている代わりに、たくさん摂れる食品はごくわずか。

その亜鉛がたくさん摂れる食品の中の一つが、牡蠣です。

アミノ酸

その食品に含まれているアミノ酸が優れているかどうかを評価する指標に、アミノ酸スコアというものがあります。

アミノ酸スコアは「必須アミノ酸と呼ばれる体内で生成できないアミノ酸が、基準値に比べてどれくらい含まれているか」を表しているもので、100に近いほど優秀な食品ということ。

牡蠣のアミノ酸スコアは77と、食品の中ではまあまあ高い方です。

つまり牡蠣はそこそこアミノ酸のバランスに優れた食品ということです。

海乳EXの公式サイトでアルギニンについても書いていますが、牡蠣のアルギニン含有量は特に高くなく100gあたり340mg程度です。
(参照:文部科学省食品データベース)

アルギニンについては特筆するような量ではないですね。

アルギニン摂取目的ならクラチャイダムメインのサプリの方がいいので、「クラチャイダムサプリ おすすめランキング」を参考にしてください。

グリコーゲン

動物デンプンと呼ぶこともある、貯蔵糖のことです。

動物が口から摂取した糖質(ブドウ糖)は、肝臓でグリコーゲンに変えられて必要なときのために保管されます。

保管されたグリコーゲンは必要に応じて筋肉に運ばれ、エネルギーとして使用されるという具合。

グリコーゲンは体内で糖から作られるほか食品からそのまま摂ることも可能で、牡蠣など貝類やエビなど甲殻類に多く含まれています。

グリコーゲンをそのまま摂ることは効率よくエネルギー源を摂取できるということなので、疲労回復・集中力アップ・運動効率アップなどの効果が期待できます。

ビタミンB群

人間が活動するのに欠かせない栄養である糖質・脂質・タンパク質。

そのどれもビタミンB群が不足すると効率よくエネルギー化できなくなります。

他にも健康維持・増進のために欠かせない働きがたくさんあるビタミンですが、特別に牡蠣にタップリ含まれているということもありません。

精力に直結しているわけでもなく、特に注目すべきということもないでしょう。

ビール酵母

酵母菌の一種で、ビールを作るときに麦汁を発酵させるために使われるもの。

アミノ酸やビタミン・食物繊維など様々な栄養が含まれていることでも知られていて、ビール酵母をそのままサプリメントにしたのがエビオス錠です。

つまりエビオス錠の効能効果=ビール酵母の効果と考えてOK。

エビオス錠の効能効果は以下のものです。

  • 胃もたれ・消化不良・胃部腹部膨満感
  • 食べすぎ・飲みすぎ・胸やけ・胸つかえ・はきけ(むかつき・二日酔・悪酔のむかつき・悪心)・嘔吐
  • 胃弱・食欲不振(食欲減退)
  • 栄養補給・栄養障害
  • 妊産婦・授乳婦・虚弱体質者の栄養補給

うーん、あんまり精力アップには関係なさそうですよね。

「エビオス錠が精液を増やすのに良い!」って口コミも多いんですけど、ビール酵母が直接精液を増やしているのではなくて、栄養不足で精力低下・精液現象が起きている人がビール酵母で栄養を補うと健康に戻るって感じじゃないかなと推測しています。

海乳EXは何にいいの?精力はアップする?

成分を一通り見てみると、「すごい精力アップによさそう!」って感じでもないですよね…。

でも精力サプリとして海乳EXが有名なのも事実。
有名=効果があるってことではないですが。

海乳EX自体は公式サイトに「ウコン」でも「しじみ」でもない完全食品「牡蠣」から生まれたスーパーサプリと書いてることから、肝臓に対するアピールをしています。

ウコン・しじみと言えば二日酔い対策として有名な食品ですよね。
(最近ウコンには二日酔いを防止する効果はないと言われてしまいましたが…)

牡蠣が二日酔い対策に良いのは事実です。

それは牡蠣に含まれるグリコーゲンが肝臓の働きをサポートしてくれるから。

つまり海乳EXを飲み続けることで悪酔いしにくくなる・肝臓を健康に保ちやすくなるという影響は得られる可能性があります。

ただ気になるのは精力の方です。

なかなか牡蠣と精力を結びつける確かな情報は出てこないんですが、日本栄養・食糧学会が開催している学会にて発表されたデータがありました。

 

論文ではないので全文を閲覧することができないのですが、結果はシッカリと載せられています。

簡単にをまとめておきます。

  1. 30歳~55歳までの男性12名(うち2名は精子減少症)を6名ずつのグループにわけ、片方にはプラセボ薬(効果の全くない薬)を飲ませ、もう一方の精子減少症2名を含むグループには牡蠣抽出物を飲ませた。
  2. プラセボを飲んだグループは実験開始2週間後、4週間後共に精子数・精子運動量は変わらなかった。
  3. 牡蠣抽出物を飲んだグループは実験開始4週間で、精子数・精子運動量が明らかに改善した。

臨床試験と呼ぶには規模が小さい試験ではありますが、国内の医療機関で行われたものですので信頼性は高いです。

牡蠣をどれくらい取ったのか書かれていないのかが惜しいですが、牡蠣を4週間摂り続けると精子数・精子運動量がアップするということはわかりましたね。

つまりビール酵母がサポート的に精力アップに役立つのと同じで、牡蠣も精子を元気にする・疲れを取れやすくする・エネルギッシュに動けるようにするというサポートから精力を押し上げるものというところ。

アルギニンやシトルリンが特別に多いわけではないですし、血管拡張に良い成分が多いわけでもありません。

勃起力が高まる・中折れしにくくなる…という精力サプリではないことに注意が必要ですね。

薬剤師 ミカ(ワンポイント)

精力サプリを選ぶときに大切なのは、自分に合ったものを選ぶこと。
海乳EXは疲れが取れにくい・最近お酒に弱くなったし精力低下も気になるという方には良さそう。
牡蠣自体は精子の量と質を上げてくれることがわかっているので、妊活目的の方にもオススメ。

本当に1袋に牡蠣が155個も入ってるの?

牡蠣155個分

瀬戸内海産のぷりぷりで大きな牡蠣を約155個

海乳EX公式サイトには上記のように書いてありますけど、牡蠣ってお高いですよね?

それを155個も入れて、1袋2,000円ちょっとっておかしいと思いませんか?

14年もの長い時間をかけて、牡蠣エキスをひとすじに販売をし続けてきた結果、漁師さんや加工メーカー様との繋がりが深まり、高価だった牡蠣エキスを海乳EXは千円台という価格で皆様にご提供する事ができているのです。

14年に渡る会社の努力で、お得な価格まで下げることが出来ましたとの記載があります。
つまり14年前はもっと高かったって事でしょうか…。

ちょっと怪しさも感じるので、成分から牡蠣がどれくらい入っているのか推測してみましょう!

まず、海乳EX1日分に入っている亜鉛は12mgです。

牡蠣以外の内容成分はビール酵母を含めほとんど亜鉛が入っていないので、海乳EXの亜鉛はほぼ牡蠣由来ということ。

牡蠣100gに亜鉛は約13.2mg含まれています。(食品データベースより)
生食用の大きめの牡蠣で、だいたい可食部20gくらいですね。

簡単に海乳EX1日分に牡蠣5個としておきましょう。
公式サイトにも2粒で生牡蠣5個分の栄養素って書いてあるので、それくらいを想定している模様。

海乳EXは1袋31日分なので、5個×31日=155個

…なるほど、155個ですね。

牡蠣以外に亜鉛を本当に添加していないとしたら、1袋に牡蠣が155個入っているということになります。

でも、海乳EX1粒は540mgです。

牡蠣の亜鉛量は、可食部全てを食べたときに摂取できる量です。

どうやって1粒の中に牡蠣可食部2.5個分を凝縮しているのか?

牡蠣の可食部水分量は、83%~88%です。間をとって85%と考えます。

 

牡蠣2.5個は約50g。
50gの85%は42.5gなので、牡蠣2.5個から水分を除くと7.5gが残ることに。

7.5gの牡蠣は、海乳EX1粒には入りませんね。

牡蠣から亜鉛だけを取り出すのは難しいですし、もし亜鉛の抽出を行っているなら亜鉛以外の栄養成分は入っていないことになりますよね。

うーん、謎が多い!
めっちゃ小さい牡蠣を使っているとしたら亜鉛量が成立しなくなりますし…。

私の知らない何かすごい技術が使われている可能性もありますが、牡蠣をギッシリ155個詰め込むのはちょっと無理があるんじゃないかと考えてしまいます。

薬剤師 ミカ(困った顔)

亜鉛の量から換算すると、間違いなく牡蠣155個分です。
でも亜鉛が全て牡蠣に由来しているなら、牡蠣の可食部が全部カプセル内に収まる計算に。
それは成り立たないので、海乳EXに牡蠣155個分の栄養が入っているかどうかはちょっと疑問です。

海乳EXに副作用はある?ビール酵母は痛風にならないの?

海乳EXは「栄養機能食品」と表示されていますね。

これは医薬品のように副作用があるものではなく、特定の栄養を補給できる食品として厚生労働省の定めた基準を満たしたものにつけられる名前です。

海乳EXは亜鉛での栄養機能食品ですね。

亜鉛が一定以上含有していて亜鉛に対する注意喚起表示がされていればOKなので、それほどスゴイものでもないです。

そして亜鉛の注意喚起表示が以下のとおり。

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意
してください。
1日の摂取目安量を守ってください。乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。

つまり海乳EXで副作用が起こるとしたら、飲み過ぎによる亜鉛過剰ということ。

亜鉛は1日30mgを超えると体調を崩す人が出てくるので、海乳EXを1日に5粒以上飲むと副作用が出る可能性があります。

表示通り1日2粒までなら、そのような心配はいりません。

また、本当にごくまれに牡蠣アレルギーの方もいる上に、牡蠣のアレルギーはすぐには症状が出ないものです。

海乳EXを飲んでいて、何となく体調が悪い・頭痛やめまいが続く・皮膚の痒みや赤みがある・下痢や吐き気が続くなどの症状がある場合には飲むのをやめて、病院を受診しましょう。

牡蠣のサプリメントでアレルギーを起こす人は本当にまれなので、基本的には心配しなくて大丈夫です。

そしてビール酵母と言えば、プリン体が入っていることが心配になる方も多いはず。

海乳EXにはビール酵母由来のプリン体が多少入っているはずですし、プリン体が尿酸値に良くないのは事実です。

でも海乳EXを飲んだせいで痛風になるなんてことは絶対にないので安心してください。

プリン体自体は多少摂っても問題はなく、むしろ適量なら身体に良いものです。

ビール酵母に含まれるプリン体は特別に多いわけではないですし、海乳EXに入っている量なんて本当にわずかでしょう。

ただ、実は牡蠣もプリン体が多いんですよね…。

もちろん毎日摂っても大した量ではないんですが、元々尿酸値が高めの方はやめておいた方がいいですよ

すでに尿酸値が高い場合にはわずかな変動で痛風発作が起こる可能性があり、リスクを高めるのはよくないからです。

痛風(高尿酸血症)と診断された・健康診断で尿酸値が高めと言われた方は、他の精力サプリを選んでくださいね。

薬剤師 ミカ(通常)

海乳EXは1日の量を守れば心配するような副作用はありません。
ただ尿酸値の高い方は数値が不安定になる可能性があるので、海乳EXを飲まない方が安心ですよ。

海乳EXはいつ飲む?オススメのタイミングは?

海乳EXの成分の中から、これは良さそうだなと思えたのは亜鉛・アミノ酸・グリコーゲンあたり。

どれもセックスの前に飲んだからと言って精力がアップするなんてものではありません。

しいて言うならグリコーゲンは運動の3時間ほど前に摂取することで運動効率を高めることができますが、エッチの3時間前に海乳EXを飲んだから長続きする…とはならないでしょう。

つまり海乳EXを飲むにあたって、タイミングはあまり重要ではありませんが、忘れずに毎日続けるため時間を決めて飲むことは大切ですね。

サプリメントは基本的に空腹時の方が吸収がよくなるので、寝る前に飲むのがオススメ。

忘れてしまったら翌朝飲んでもOKですよ。

朝飲んで次の分をまた同じ日の寝る前に飲むくらいなら過剰摂取にはならないので大丈夫です。

1日1回の薬を忘れてしまったときも、同じように対処するようにお話ししていますから。

上で紹介した牡蠣による実験でも4週間経過を観察していたようなので、まずは変化がなくても4週間忘れずに続けてみてくださいね。

薬剤師 ミカ(笑顔2)

海乳EXを飲むのにベストなタイミングというのは特になし。
寝る前が忘れにくさ、吸収のよさなどから良いとは思いますが、自分の忘れにくいタイミングを選んだ方が◎
とにかく毎日4週間続けることを目標に飲んでみましょう。

海乳EXの最終評価

牡蠣については実験で結果が出ているので、精液に良い影響を与えることは間違いないです。

ビール酵母+亜鉛の組み合わせも精液量アップに良い組み合わせなので、妊活中の夫婦などは牡蠣エキスを取りいれるのは良さそう。

精液が減った気がする・射精感が低い人も、試してみる価値がありますね。

あとは肝臓の弱りや体力低下が気になる場合にも、牡蠣はオススメできる食材です。

ただ、海乳EXについては牡蠣への評価と同じというわけには行きません…。

亜鉛量から海乳EXに入っている牡蠣の量を分析したところ「表示通りには入っていなさそう…」という結果になりましたよね。

つまり亜鉛以外の成分は思ったほど摂取できない可能性があるということ。

実験のとおり4週間飲んでも、精液に対する良い影響が感じられないかもしれません。
まあ安いサプリメントですので、牡蠣の成分をタップリ摂れる方が不思議なんですが。

精力アップサプリとしてはあまり実用性がない部類に入りますので、何か他の精力サプリと組み合わせて飲むのが良いでしょう。

精力増強や疲労回復に良いアミノ酸が豊富な、クラチャイダムサプリがオススメです。

クラチャイダム系精力剤は「クラチャイダムサプリ おすすめランキング」を参考に選んでみてくださいね。

薬剤師 ミカ(通常)

ちょっとでも妊娠確率を上げたい場合や疲労感が抜けない方なら飲んでみてもいいかと思います。
副作用も起きにくい内容です。
でもそれ以外の精力アップ目的のときには、特に試す価値は感じません。
少なくとも勃起力低下が気になる・中折れが気になるなんて人は、試す意味がないサプリです。
せめて牡蠣がシッカリ入ってるならいいのですが、その辺りはわかりませんでした。
牡蠣が入ってるなら晩酌から肝臓を守るサポートにしたかったです。