シトルリン桑抹茶

青汁と言えば、「まずい!もう1杯!」と八名信夫さんがしゃべるCMが流行りましたよね。
(いま何歳の人まで知ってるのかしら^^;)

最近では飲みやすい抹茶味の青汁が主流ですが、そんな抹茶系青汁に精力アップ成分を追加した商品があるんです。

青汁の栄養素を摂りながら精力増強ができる、一石二鳥な栄養機能食品。

そんな都合の良いものがあるのか!?
シッカリ厳しく追及していきます!

 

シトルリン桑抹茶の詳細

成分 桑葉末1,800mg(BCAA100mg・アルギニン30mg・ビタミンA45μg・ビタミンC2.6mg・ビタミンE0.99mg・SOD活性100,800Unit)
L-シトルリン1,200mg・抹茶・デンプン・亜鉛含有酵母100mg・L-カルニチンL-酒石酸塩60mg
コエンザイムQ10水溶化粉末60mg・セレン含有酵母/加工デンプン40μg
グリセリン・葉酸200μg
通常価格 1箱60袋入り約1か月分 9,000円(税別)
販売元 株式会社 ウイッツジャパン

※亜鉛・葉酸の栄養機能食品

販売元のウイッツジャパンは、医療・介護業界のコンサルタントを主に行っている会社のようです。

病院のホームページを作成したりもしているようですね。
サプリメントの販売はシトルリン桑抹茶のみです。

広告に強い会社なので、シトルリン桑抹茶はテレビや雑誌・ネットなど様々な媒体を通して宣伝を行っています。

シトルリン桑抹茶の成分

先に言ってしまいますがこの商品、内容成分量の開示においてものすごく評価してます

メイン成分で桑の葉由来の、栄養成分まで全て内容量が記載されているからです。

クラチャイダムやマカの量を記載している精力剤商品は多いですが、その中身まで詳しく調べて開示している商品はシトルリン桑抹茶の他に見たことがありません

ごまかしてる感がないのは、とても好印象。

さてその開示されている詳細成分内容の中で、添加物以外のものは以下のとおり。

  • 桑葉末
  • L-シトルリン
  • 抹茶
  • 亜鉛含有酵母
  • L-カルニチンL-酒石酸塩
  • コエンザイムQ10
  • セレン含有酵母
  • 葉酸

それぞれ詳しく見てみましょう!

桑葉末

桑(クワ)というのは日本各地に生えている落葉樹です。

桑

私は小学校の授業でカイコを飼っていたので、エサのイメージです(^^;)

桑は実・枝・根そして葉と様々な部位が古くから漢方薬として使われており、近年も新たな健康効果が注目されサプリメントとしてよく使われている成分です。

桑の葉の健康効果として認められているものは、以下のもの。
(参考:クワの健康機能性研究の最前線)

  • 高血糖抑制
  • 高血圧抑制
  • 動脈硬化抑制
  • アルツハイマー予防

他にもアルコール代謝促進便秘解消に良い効果が期待できます。

気になる桑の葉の摂取量ですが、上でご紹介した参考資料では「800mgの摂取で血糖上昇抑制効果が見られた」とされています。

別の記事では「摂取目安は1,800mg」とされているものもありましたが、どちらにしろシトルリン桑抹茶の桑の葉は十分な量です。

ショッピングサイトで桑の葉青汁ランキングをチェックしても、1,800mgはなかなか多い方ですね。

桑の葉を摂る目的なら、十分目的を果たせます。

さらに桑の葉に含まれる栄養成分について、詳しく調べてみます。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)

体内で合成ができない必須アミノ酸の中で、バリン・ロイシン・イソロイシンをBCAAと呼びます。

アミノ酸は体内の様々な場所で利用されますが、BCAAは特に筋肉において重要。

運動前や運動中に摂取することで、効率よく筋肉を育てることができます。

精力アップにおいてはないよりはあった方が良いですが、別に必須でもないかな。

シトルリン桑抹茶のBCAA量は100mgで、BCAAで有名なアミノバリューの1/25くらいです。

アルギニン

アミノ酸の一種です。

精力減退対策系のサプリでは、よく配合されている成分ですね。

勃起を起こすためには血管を広げてくれる一酸化窒素(NO)が欠かせず、アルギニンは一酸化窒素の生成に欠かせないもの。

海綿体をシッカリ広げて勃起を維持させるためには積極的に取りたい成分ですが、30mgでは何の意味もありません。

シトルリン桑抹茶でアルギニンを摂るのはムリがありますね。

ビタミンA

緑黄色野菜やレバー・卵などに多く含まれる、脂溶性ビタミンです。

不足すると皮膚の健康が損なわれたり、鳥目(暗いところで見えにくくなる)になったりします。

妊婦さんが過剰に摂ると胎児に悪影響を与えることがありますが、シトルリン桑抹茶のビタミンAはごく少量なので気にする必要はありません。

つまり特に効果も期待できません。

ビタミンC

よく知られたビタミンですね。

レモンなどに多く含まれ、皮膚の健康を保つ・ストレスに対抗する・鉄の吸収を高めるなど様々な効果があります。

シトルリン桑抹茶の2.6mgは驚くほど少なく、特に意味はありません。

ビタミンE

脂溶性ビタミンの1つで、血行促進効果があります。

そのため血流悪化により精力低下が気になる方にはオススメの成分ですが、サプリで摂るなら最低でも300mgくらいは欲しいです。

シトルリン桑抹茶はビタミン類に関しては、特に多いわけではないようです。

SOD(Super Oxide Dismutase)

SODとは体内で活性酸素を除去してくれる酵素のことです。

SODは体内でも合成可能ですが、活性酸素を除去しきるには不十分のためサプリなどで補うのが理想的。

活性酸素が増えると妊娠に大切な卵子や精子の質が悪くなるだけではなく、EDの原因にもなってしまいます。

SOD活性とは活性酸素を除去する能力の指標のことなんですが、100,800という単位量が多いのかどうか、まだ資料が少なく判断できませんでした。

抗酸化物質を摂った方が良いことは間違いないので、飲んでおいて損はないですね

L-シトルリン

ここからは桑の葉以外に添加されている成分についてです。

シトルリンはアミノ酸の1つであり、アルギニン同様に精力剤サプリによく配合される成分です。

勃起に必要な一酸化窒素は、シトルリンがアルギニンに変換されて発生するもの。

つまりシトルリンを多く摂ることは、勃起力を高めることに直結しているんです。

精力アップ目的でシトルリンを摂るなら、最低800mg必要。

シトルリン桑抹茶のシトルリンは1,200mgと十分な量で、かなり高配合です

抹茶

そもそも抹茶とは、テンチャと呼ばれる手間をかけて育てられた緑茶を粉末にしたものです。

粉末の緑茶に近い見た目ですが、それよりもずっと高価で風味も良いもの。

抹茶は嗜好品として人気ですが、美肌・便秘解消・高血圧や高脂血症など健康効果も。

ただシトルリン桑抹茶に含まれる抹茶は健康目的ではなく、フレーバーとしての配合でしょう。

亜鉛含有酵母

妊娠を考えるなら、絶対に摂っておきたい栄養の1つ。

亜鉛は精子の質や量を高めるのに欠かせないミネラルですが、大抵の日本人男性が摂取目安量である12mgの亜鉛を摂れていません。

妊活目的でなくても亜鉛が不足すると男性ホルモンであるテストステロンの量が低下してしまうので、不足させないようにしたいですね。

亜鉛含有酵母は酵母中に亜鉛を取り込ませて、吸収されやすくしたもの。

全体の約10%が亜鉛量なので、シトルリン桑抹茶に含まれる亜鉛は10mgと十分な量ですね

L-カルニチンL-酒石酸塩

ちょっとわかりにくいですが「L-カルニチンL-酒石酸塩」までで一つの物質の名前です。

身体についた脂肪を燃やすサポートをすることで、ダイエットに良いと注目されているサプリ成分。

肥満はEDの原因となるので、ダイエット目的で運動をするならカルニチンは是非摂りたいですね。

また、カルニチンには精子の運動率を上昇させる作用が認められています。
(参考:Oral carnitine supplementation increases sperm motility in asthenozoospermic men with normal sperm phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase levels)

カルニチンを1日「2,000mg摂ることで精子の運動性が改善したという結果ですが、シトルリン桑抹茶のカルニチン量はごくわずかなので特に意味は感じられません。

ダイエット目的としても少なすぎます。

コエンザイムQ10水溶化粉末

抗酸化物質として美容や健康に良いことで知られている、コエンザイムQ10。

その抗酸化力は妊活においても、欠かせないものです。

コエンザイムQ10を摂ることで細胞の中にあるミトコンドリアが活性化されます。

ミトコンドリアが活性化されることで卵巣機能や精巣機能が高まり、質の高い卵子や精子が生まれるということです。

コエンザイムQ10を身体の外から摂る場合「還元型」と呼ばれる形態でなければ、上手く体内で使用することができません。

シトルリン桑抹茶のコエンザイムは水に溶けやすい水溶性型ではありますが、還元型かどうかは不明。

コエンザイム単体製品で100mgが平均なので、60mgという量は悪くはないのですが形態が不明なので評価できません。

セレン含有酵母

ミネラルの1つであるセレン。

抗酸化物質であるので細胞の老化を防ぐ役割がありますし、血管の柔軟性を維持して血流を悪化させないためにも欠かせません。

また精子の中には亜鉛が含まれていることは有名ですが、実はセレンも入っています。

つまりセレンが不足すると精子の量や質が悪化してしまうということ。

成人男性の1日のセレン摂取推奨量は30μgなので、シトルリン桑抹茶の40μgは十分な量ですね。

ただ、毎日普通に食事をしていればそうそう不足しない物質なので、あえてサプリで取らなくても問題はありません。

葉酸

ビタミンの1種で、通常生活するだけなら特に気にする必要がない成分です。

ただ妊娠中、特に妊娠初期には必ずサプリメントで補充したいビタミン。

不足すると胎児の神経管閉鎖障害と呼ばれる先天性異常が起きる可能性が高くなってしまいます。

妊娠初期から中期にかけてサプリメントで補充した葉酸の量は、400μg。

シトルリン桑抹茶の200μgではちょっと足りません。

ちなみに妊活や精力増強に関しては、葉酸は特に意味がないものです。

薬剤師 ミカ(通常)

シトルリン桑抹茶に含まれている成分の中で、量も含めこれはイイネ!と思えるのは、桑の葉・シトルリン・亜鉛含有酵母・セレン含有酵母
桑の葉がシッカリ入っているので青汁としては十分に合格でしょう。
妊活成分としてはちょっと弱いかな…。
どうもサプリメントとしては決め手にかける内容ですね。

シトルリン桑抹茶は妊活に使えるの?

シトルリン桑抹茶の公式サイトを見ていると、妊活系のアピールをしていますね。
実際に「妊活 青汁」などで検索している人もいる様子。

全く何も気にしなくても妊娠できる人もいますが、体質や病気によりなかなか子供を授からない人が増えています。

原因がハッキリしない人もいるのですが、原因の1つとして食生活の乱れが考えられることも。

コンビニ食や外食などが多くなると栄養バランスが崩れ、特にビタミン・ミネラルが不足しがちに。

野菜の摂取量が減ると細胞の酸化が進んでしまうというリスクもあります。

それを改善するためには野菜中心の和食を摂るのが良いですが、なかなか食生活を変えるのは難しいもの。

そんなときに青汁は、食生活をサポートするのに役立ってくれます。

もちろん青汁だけ飲んでおけばOK!なんてことはないですが、飲まないよりは飲んだ方が良いです!

つまり食生活に不安がある方にとって、妊活で青汁を飲むのは◎

では気になるのは「普通の青汁とシトルリン桑抹茶の違い」ですよね。

一般の桑の葉青汁とシトルリン桑抹茶を比べると、追加されている成分はL-シトルリン・抹茶・亜鉛含有酵母・L-カルニチンL-酒石酸塩・コエンザイムQ10・セレン含有酵母・葉酸です。

その中で妊活に意味があると評価できるのはL-シトルリン・亜鉛含有酵母・セレン含有酵母ですね。

特に男性にED傾向など原因がある場合には、どれも欠かせない成分です。

逆に言えば女性原因の不妊症の場合には、それほど重要視すべき成分はあまりありません。

コエンザイムQ10が還元型だったらよかったんですが、そこが一番残念ですね。

シトルリン桑抹茶を妊活に使う最大のメリットは「精力剤を飲んでいる感じがしないこと」

男性によっては精力低下を認めず、「精力剤なんて恥ずかしくて飲めない!」という方もいますね。

そんなときに妊活に励む奥さんが「青汁一緒に飲もうよ!」って勧めつつ、妊活サポート成分を摂れるのは大きなメリット。

妊活は長い戦いになることが多いので、夫婦一緒に同じサプリを飲んで頑張れるのはモチベーション維持に役立ちます。

女性にとっては桑の葉で食物繊維を摂れるので便秘解消に良いですし、抹茶好きの女性は多いので好かれそうですね。

ただ妊活に欠かせない葉酸は少なすぎるし、卵子の質の維持に大切なコエンザイムQ10の型が不明。

 

栄養バランスを整えるために桑の葉は役立ってくれますが、シトルリンなど他の成分が女性の不妊症に良いってことはなさそうなのが残念

薬剤師 ミカ(指差し)

成分的には「妊活に激推し!」ってことはないです。
ただ妊活に非協力的な旦那さんの場合には、シトルリン桑抹茶はオススメ。
自分だけ精力剤を飲むのには抵抗があるって旦那さんも、健康のために2人で青汁を飲もうって言われれば飲んでくれそうです。

シトルリン桑抹茶は精力剤として使える?

シトルリンがシッカリ入っているので、精力剤としても注目されているシトルリン桑抹茶。

では精力剤としての実力は、どうなんでしょうか?

精力アップに関わりそうなのはアルギニン・SOD・L-シトルリン・亜鉛含有酵母・コエンザイムQ10水溶化粉末・セレン含有酵母というところ。

アルギニン・シトルリンは勃起に直接関わる一酸化窒素の生成に欠かせない成分なので、サプリで摂取するのは意味があります。

アルギニンの量はかなり少ないですがその前段階であるシトルリンがタップリ入っているので、勃起力を高めるサポートになってくれそうです。

SOD・コエンザイムQ10は活性酸素を減らす抗酸化物質ですが、活性酸素とEDには深い関わりが。

活性酸素が多くなり身体がサビやすくなると、血管が狭くなり血流が悪化・一酸化窒素の量が減る・男性ホルモンであるテストステロンが減る・内臓脂肪が落ちにくくなるなど、どんどんED傾向に…。
(参考:内臓脂肪を増やし男性ホルモンも減らす、体の“酸化”)

抗酸化物質を積極的に取ることは健康を維持するだけではなく、ED傾向を改善するためにも役立ちます。

シトルリン桑抹茶の抗酸化物質量は特別に多いわけではないですが、少なすぎるということもなく無意味ではないでしょう

勃起や精力には直接関係ないように思える亜鉛含有酵母・セレン含有酵母ですが、精子の量に関わる成分なので実はとても重要。

精子が少なくなり精液が減ると、射精感が落ちてしまいます。
せっかくオナニーで射精しても物足りない感じに。

さらに精液が少ないと勃起する必要がなくなってしまうので(子供を作れる状態と判断されない)、勃起の状態も悪くなりがち。

セレンが不足することはまれですが、亜鉛は不足しがちなのでシトルリン桑抹茶で補えるのは良いですね。

薬剤師 ミカ(笑顔1)

シトルリン桑抹茶の内容は、精力アップに対してなかなか悪くないですね。
基本が青汁ですし抗酸化物質も入っているので、生活習慣や食生活の乱れから精力低下を感じている人にはオススメ。
逆に疲労感から来る精力低下や、ガッツリビンビンにしたい!なんて方にはイマイチかも。

シトルリン桑抹茶の副作用

健康食品であるシトルリン桑抹茶ですが、いくつか副作用が起きてしまう可能性があるのでまとめておきます。

飲み始めは体調変化に注意してくださいね。

下痢・放屁(おなら)

桑の葉には血糖値を上げにくくする作用があります。

桑の葉に含まれるDNJと呼ばれる物質がブドウ糖など糖質を分解されにくくするためですが、分解されずに腸にたどり着いた糖質が発酵されてしまうことがあるんです。

それによりガスが発生しやすくなり、便が緩くなったりおならが増える・お腹が張りやすくなることがあります。

薬ほどの効果はないので気にならない方が大半ですが、元々お腹の緩い方は症状が出てしまうことがあるので注意して飲んでください。

低血糖

健康な方が飲む分には全く心配ない副作用です。

この副作用が心配なのは、血糖の薬を飲んでいる方だけ。

すでに血糖を下げる薬を飲んでいる方が桑の葉を飲むと、必要以上に血糖値が下がり低血糖を起こしてしまうことがあります。

血糖値の薬を飲んでいる方がシトルリン桑抹茶を飲む場合には、処方医に相談してから飲むようにしてください。

亜鉛・セレンの過剰摂取

どちらも摂りすぎると嘔吐・下痢・皮膚炎などが起きてしまいます。

亜鉛は40μg、セレンは420μgを超えると過剰摂取です。

サプリメントで摂る他にも食事から自然に摂っている分もあるため、サプリメントを複数飲む場合には上限量を超えないか必ずチェックしてください。

また、どんな成分でもアレルギーが起こる可能性があります。

サプリメントを初めて飲むときには体調に変わりがないか、よく確認しましょう。

喉や皮膚の違和感、身体のだるさなどをすぐに感じる、数日飲み続けて体調不良が続くなどの場合には一旦中止して病院を受診することが大切です。

シトルリン桑抹茶はいつ飲む?

青汁を健康目的で飲んでいる方は、朝飲むことが多いのではないでしょうか。

私も毎朝豆乳と一緒に朝食時に飲んでいます。

ただシトルリン桑抹茶の推奨量は1日2袋なんですよね…。

一度に2袋飲んでも良いんですが、サプリメントは基本分けて飲んだ方が効果的です。

そこで青汁とシトルリンの両方を考慮したオススメ摂取タイミングをご紹介します!

食事の直前

桑の葉の効果に重点を置いた飲み方です。

青汁には様々な健康効果が期待されますが、桑の葉に期待できる作用の中で食事時間に関係するのは「血糖値の上昇を抑える」というもの。

桑の葉と同じような仕組みで血糖値を抑える医薬品(アカルボース・ボグリボース)の服用時点が食直前となっているように、桑の葉で血糖値を抑えるときにも食直前に飲むのがオススメ

先に青汁を飲んでおくことでお腹が膨れるので、食べ過ぎを抑えることもできますね。

飲み忘れに気が付いたら食事中や食後に飲んでもOKです。
(薬ではないので、厳密に気にしなくても大丈夫。)

シトルリンなど栄養成分は1日の中でバランスよく摂った方が良いので、飲むなら朝食前と夕食前が良いですね。

昼食前は桑の葉を飲まないので、炭水化物を控えた食事にするとなお◎。

朝食を摂る習慣がない方なら、豆乳や牛乳で割って食事代わりにしても問題ありません。

どうしても朝飲めないなら昼食前と夕食前でも良いですが、時間を空けずに栄養をたくさん摂ると不要な分は排出されてしまうので時間をあけて飲む方が理想的です。

最低でも6時間以上はあけないともったいないですよ。

行為の30分~1時間前

シトルリン桑抹茶は医薬品ではないので、飲んですぐ効くものではありません。

それでもシトルリンを飲んだ直後は多少一酸化窒素が出やすい状態になるもの。

大事なときに少しでも良い状態に持っていきたい!という場合には、セックスの前30分~1時間くらいにシトルリン桑抹茶を飲んでみましょう

気持ち程度ではありますがシトルリンによる一酸化窒素が血流を改善してくれるので、勃起が促される可能性があります。

さらに盛り上げたいというシーンでは、TENGA MEN’S CHARGEなど必要なときだけ飲むタイプの精力剤をプラスしても良いですね。

夜大事な場面があるという日には、夕食後に飲む分を遅らせてタイミングを合わせてみてください。

シトルリン桑抹茶の定期購入・返金制度

公式サイトからの購入に限り、定期コースの利用が可能です。

通常9,000円ですが、楽得定期コースで注文すると初回は半額の4,500円、2回目以降は6,800円になります。

ただし定期コースは5回継続が条件なので、注意してください。

5回継続となるとなかなか申込みにくいですが、初めての場合のみ30日間の返金保証がつきます。

注文から30日以内に連絡をすると、定期コースに限り返金してもらえます。

返金時には商品・納品書・パンフレットなど同封物が必要となるため、届いたものは何も捨てないようにしましょう。

送り返す時の送料もこちら負担なので、到着時の外箱も捨てない方が便利ですよ。

そのまま利用して受け取り時と同じゆうパケットで送ると、送料が350円で済みます

決済手数料や返金時の振込手数料もこちらの負担で、どちらもだいたい400円くらいでしょう。

つまり返金制度を使えば1,150円前後で30日間お試し可能ということ。

1か月程度では変化を感じられないと思いますが、青汁を続けられるかどうか確かめるには良いですね。

なかなか習慣付かなくて続けられないって方もいそうです。

逆に美味しくてハマってしまうかもしれませんが。

単品購入やお試しパック購入の場合には返金制度を利用できないので、注意してくださいね。

シトルリン桑抹茶の最終評価

まず、桑の葉青汁としては普通に良いものです。

ちゃんと桑の葉が十分な量入っていますし、抹茶ベースなので飲みやすいタイプです。

さらに良いのが内容成分をシッカリ表示していること。

かなり用量の少ないビタミンも開示しているので一部辛口評価となった成分もありますが、それだけちゃんとごまかさずに開示している証拠です。

正直イチオシできる成分はシトルリンだけですが、他のシトルリンサプリと比べてもなかなか高い配合量なのでシトルリンメインで摂りたいなら良い商品だと評価できます。

ただ他の成分に関してはコエンザイムQ10が還元型じゃなさそうなど強みがないですし、マカやクラチャイダムなど精力サプリとして有名な成分が入っているわけでもありません。

特に妊活サプリとしてアピールしている割には、妊娠において良いと判断できる内容が少なすぎる

その割にシトルリンはガッツリ入っているので、巡りをアップさせて精力回復を狙いたい方には良さそうです。

加齢・肥満・ストレス・運動不足など巡りが悪化する要素が複数ある上に、野菜不足など栄養バランスの乱れが気になる方は試してみても良いと思いますよ。

妊活にはイマイチですが、精力サプリとしてはそんなに悪くないと判断します

健康と精力低下の両方が気になる男性には、オススメできる内容ですよ。

重要なのは、青汁を飲む習慣が続くかどうか。

錠剤サプリをぽいっと口に放り込むより、圧倒的に手間がかかりますからね…。

その分桑の葉による健康効果を期待できる側面もあるので、まずは返金を視野に入れて試してみるのが良さそうです。

薬剤師 ミカ(通常)

「青汁の健康効果と精力アップの一石二鳥!」と言えるほどものすごいものでもないですが、桑の葉・シトルリンと大事な成分はシッカリ入っているので悪くないです。
特にシトルリン桑抹茶をオススメしたいのは炭水化物を多く摂る肥満気味の中年男性
血糖値が高い状態が続くと間違いなくEDになるので、早いうちからサプリなどを利用して血糖値が上がりすぎないようにコントロールしたいところです。
そういった面で桑の葉を摂りつつ精力アップ成分も摂れるので、健康診断の結果が微妙だった方は検討してみましょう!