ぼっき薬って何?ED治療薬と違うの?即効性・効果を解説

ぼっき薬って何?ED治療薬と違うの?即効性・効果を解説

「ぼっき薬」って聞いたことありますか?
様々な意味がある言葉ですが、「精力剤」と同じような使い方をされることも。

言葉の意味としては「勃起を起こす薬」なので、ED治療薬を指すことになりますね。

そこで気になるぼっき薬とはどんなものなのか、その購入方法や効果について触れていきます。

とにかく勃起させたい、即効性がある方が良いという方は読んでみてください!
ぼっき薬を使わない精力アップ方法についても、まとめました。

ぼっき薬ってどういうもの?

読んで字のごとく「勃起させる薬」という意味なんですが、大まかに2つの種類の薬を指しています。


  1. バイアグラなどに代表される「ED治療薬
  2. サプリメント・健康食品に分類される「精力剤

 

飲み方や効果などは違いますが、どちらも勃起を起こすために飲むという点では同じです。

薬剤師として働いているときに年配の男性に「ぼっき薬出して欲しいんだけど…」と相談されたことが何度かあるんですが、それは1つ目のED治療薬のことを指していたみたいでした。

同じようにEDという言葉を使わずにED治療薬を表現するときに「ぼっき薬」と呼ぶことが多く、ED治療薬を指して使われることの方が一般的です。

ただドラッグストアで働いているときにも「ぼっきの薬ちょうだい」と言われたことがあるので、市販の精力剤に対して使われることもある少しわかりにくい言葉とも言えます^^;

余談ですがこうやって女性薬剤師相手にも全く気にせず「ぼっき薬」と言う年配の男性は、結構います(笑)
まあこちらも仕事なので全く気にしません。

ぼっき薬は市販されている?

ぼっき薬はED治療薬と精力剤の両方を指しているんですが、多くの場合はED治療薬のことを意味していると思って良いでしょう。

当サイトで紹介しているサプリメント・健康食品の精力剤は通販・コンビニなどで市販されていますが、ED治療薬は基本的に病院で処方してもらう必要があります。

「基本的に」というのは、一部個人輸入などにより購入することも可能だからです。

国内製品を購入できるサイトもありますが、中には中国製など副作用の危険性が高い製品を販売しているサイトも。

国内製品を購入するなら個人輸入でも問題はないんですが、ED治療薬は心臓病を患っている方や血圧が高い方など飲むことが適していない方もいます。

自分では気が付いていないだけで実は病気を抱えていた…なんてこともあるので、最初は病院で診察を受けた上で処方してもらう方が安心です。

一部医薬品がコンビニで買えるようになったように徐々に規制緩和はされていますが、ED治療薬が市販されるまでにはまだまだ時間がかかりそうですね。

ED治療薬を病院で処方してもらう場合には、保険診療ではなく全て自費の自由診療。

錠剤1錠あたりの価格や診察代金は、全て病院が個々に自由に決めることができるんです。

一番有名なバイアグラであれば25mg錠で1,200円前後、50mg錠なら1,800円前後が多いですね。
それと別に初診時の場合は検査代などで5,000円くらいがかかります。

診察料・検査代金などの価格は病院によって異なるので、事前にいくつかの病院を比較してみた方が良いでしょう。
公式サイトに価格を表示している病院もありますよ。

最近だと「六本木EDクリニック」のようにスマホやパソコンで診察して、自宅まで配送してくれる病院もあるので参考にしてください。

ぼっき薬って即効性はある?本当に勃起するの?

結論から言って、多くのEDはぼっき薬(ED治療薬)で改善します。

EDは大きく分けると、3つあります。


  • 身体の機能に問題がある「器質性ED」
  • 精神的な原因による「心因性ED」
  • 服用している薬の副作用による「薬剤性ED」

 

EDの種類や治療についての詳しい解説は、ED(勃起不全)の種類と治療方法、ED治療薬の入手方法を紹介しますを参考にしてくださいね。

どの分類のEDに該当していても、多くの場合はED治療薬で勃起が起きます。

サプリメントや健康食品の精力剤とは違い、服用から30~60分くらいで効果が現れるため即効性があります
逆に言えば即効性があるのはED治療薬だけ

ただ飲んだらすぐ勃つ!と思っている方がいますが、効果がマックスになるのは飲んでから1時間後くらいですし、バイアグラなどED治療薬を飲んでも性的興奮がなければ勃起しません。

逆に言えばEDが軽度の場合些細な性的興奮で勃起してしまうことがあるので、飲むタイミングには注意が必要ですね(^^;)

ほとんどの場合はEDでもシッカリ勃起しますが、いくつかの条件ではED治療薬での勃起しないことも

例えば身体機能に問題がある器質性EDであり、下半身の神経がかなり傷んでいるために性的興奮がペニスに伝わらないようであればED治療薬を飲んでも勃起しません。

高脂血症やその他様々な原因により極端に血管が狭くなっている場合も、血流が不十分なので勃起には至りません。

上記の場合はED治療薬だけでは不十分なので、手術など別の治療が必要となる可能性があるので医師と相談してみてください。
また精神的な原因による心因性EDの場合も、ED治療薬だけでは改善しないことがあります。

この場合はまずは先に原因となっている精神疾患を治療する必要があり、ある程度症状が落ち着けば問題なくED治療薬が有効に。

心因性EDは原因さえ取り除けばED治療薬すら不要となる可能性があるので、器質性EDよりも改善の可能性が高いものです。

薬剤性EDはそもそもED治療薬を飲むことが治療の妨げとなる可能性もあるため、主治医とよく相談してください。

症状や病状によっては原因となっている薬を他の薬に変更できることもあるので、それならED治療薬はいらなくなりますね。

ぼっき薬、別名ED治療薬は、唯一の即効性がある精力剤です。
ED傾向を含む様々なEDに対して効果がありますが、症状によっては上手く行かないことも。
そもそも病気を抱えている場合にはバイアグラなどED治療薬の服用やセックス自体が止められてしまうこともあるので、まずは主治医とよく相談するようにしてください。

ED治療薬以外で精力を高める方法を解説

ED治療薬を使えば多くの場合EDを改善できます。
ただED治療薬は病院に行かないともらえないので、少しハードルが高いですよね。

まずはED治療薬に頼らないで食事や運動・精力剤などサプリで改善させたいと思う方は多いと思いますので、精力アップのためにできることをまとめておきます。

食事や運動など生活習慣の改善は精力アップだけではなく、単純に健康のためにも良いので一度見直してみても良いですね。

精力アップに良い食事習慣

食事で精力を高めるとなると、多くの方が「精力アップに良い食べ物を食べる」ことを考えると思います。

精力アップに良い食べ物で有名なのはうなぎ・にんにく・ショウガなどですね。

精力増強を考えるあなたに。精力がつく食べ物11選でまとめていますし、もちろんこれらの食材を積極的に摂ることは間違っていません。

ただ毎日毎日食材を気にして食べ続けるのは、あまり現実的ではないですよね。

そこで私がオススメする「精力アップに良い食事習慣」は血糖値を上げすぎないように気をつけることです。

精力が低下する原因の1つに「栄養の不足による体力低下」もありますが、どちらかというと「栄養の片寄り」「カロリーの取りすぎ」による血流障害を起こしている人の方が多いです。

中には生まれつき男性ホルモン量が少ない方などもいますが、肥満によって男性ホルモン量が低下することもわかっています。

当然高脂血症や高血糖(糖尿病)は血管が狭くなるため、多くの場合ED傾向に。
糖尿病は神経障害も起こすので、特にEDになりやすいですね。

ここで重要になるのが、先にお伝えした血糖値のコントロールです。

血糖値を上げすぎないためにはもちろん食べ過ぎないことも大切ですが、特に男性は食べる量を急に変えるのは難しいもの。

そこで提案したいのが、食べる順番の変更です。


  1. 野菜など食物繊維
  2. 肉や魚などタンパク質
  3. ご飯や麺など炭水化物

 

この順番を守って食べると、普通に食べるよりもずっと血糖値が上がりずらくなります。

血糖値が上がらないことは糖尿病になりにくくなるだけではなく血管が傷つきにくくなり、さらに身体に脂肪を溜めこみにくくなるという利点も。

このルールを気にして食事することで丼など1品物を避けるようになるため栄養バランスも整いやすくなりますし、炭水化物にたどり着く頃にある程度お腹がいっぱいになっているので食事量も抑えられます。

ダイエットはムリ!と思っている方も、食べる順番だけでいいので気にしてみてくださいね。

精力アップに良い運動習慣

精力にとっても運動はメリットばかりであり、血流がアップするため勃起しやすい身体作りができますね。

そもそも運動した方が良いことは、誰でもわかっています。

でもできないものですよね…急にやる気になって始めてみても長続きしなかったり。
私も1年に何回か固く決心をするんですが、すぐやめてしまいます…。

そこでこちらもできるだけ簡単な方法をお伝えしますね。

よく有酸素運動は30分以上続けないと意味がないと言いますが、そんなことはありません

例え3分でも走ったら走った分だけカロリーが消費されますから、ちゃんと意味があります。

身体についた脂肪を燃焼させるためには有酸素運動を30分以上続ける必要がありますが、今日摂りすぎたカロリーを消費するだけなら別に何分でも良いので思い立ったら少しでも良いので走りましょう。

夕食後にテレビを見ながらその場で足踏みするだけでもOK。

精力アップを考えるならなるべくやりたいのは筋トレです。

筋肉量が増えると体温が上がって血流が良くなるので、ED改善には最適。

本当は勃起力を高めるなら下半身の筋トレが良いですが、筋肉が増えれば増えただけ意味があるのでどこでも良いです。

一時期流行ったワンダーコアは楽に腹筋ができるのでオススメですよ。

運動を続けるためにはあまり深く考えすぎずに「1分でも運動したらえらい」と思っておくことが大切です!

サプリメントの力も借りてみる

食事・運動の習慣を整えることは、精力アップを考えたときに最初にやりたいことです。

ただどちらも劇的な変化が起きるわけではなく、体質を整えるには長い時間がかかります。

そこでサプリメントの力を一緒に取りいれてみる方法も、最後にお伝えしておきますね。

一般に精力剤と呼ばれる精力アップ向けサプリメントは、薬ではないので即効性はありません。

食事や運動と同じく時間をかけて体質を整えて勃起しやすい身体を作るものですが、食事だけよりは食事と運動を一緒に、食事と運動だけよりはサプリメント摂取も一緒に進める方が結果が得られやすいです。

口コミの良いサプリメントでも効果には個人差があるので一概に「これがいい!」とは言いにくいんですが、一応精力サプリを選ぶときのポイントがあります。


  • 成分の量が明記されている
  • 精力に対する効果が立証された成分が入っている
  • コスパが良く続けやすい

 

他にもポイントはありますが、最低限この3つはクリアしている商品じゃないと飲む意味がないでしょう。

精力アップが立証されている成分の詳細や、私がオススメ基準をクリアしていると判断した商品については精力剤・精力サプリ おすすめランキングにまとめてありますので、精力サプリ選びの参考にしてみてください。

精力剤サプリの成分はアミノ酸・ビタミン・ミネラルを摂取できるものが多いので、コンビニ食や外食が多く栄養バランスが乱れがちという方には特にオススメ。

身体に負担をかけるようなものではないので、多くのものが健康にも役立ってくれます。

サプリメントを上手に使って、巡りが良く精力高い身体作りを効率的に進めてくださいね。

ぼっき薬とは単に精力アップ系のサプリメントを指すこともありますが、多くがバイアグラなどED治療薬を意味しています。
ED治療薬はサプリメントではなく医薬品なので、ほとんどのEDに対して即効性があり望む効果が得られるものですが元の病気や症状によっては十分な効果が得られないことも。
まずは薬に頼らず精力を高めたいとう方は、食事や運動の習慣を見直してみてくださいね。
その上でサプリメントをとり入れると、精力に満ちた身体作りをサポートしてくれますよ。