男性器(ペニス)を大きくする方法とは

ペニスの大きさで何かが決まるわけではありませんし、男性が思うほど女性は気にしないものですが、小さいよりは大きい方が良いですよね。

また、小さいと思い込んでいるままだと、スーパー銭湯など温泉施設でつい周りの男性と比較してしまいがちですので、純粋に温泉を楽しむ事も出来ません。

ペニスが大きくなると男性としての自信に繋がり、堂々とした性格になれるメリットがあります。
女性に対しても積極的になれるようになれるかもしれませんね。

そこでペニスの大きさをアップさせるためにできる工夫についてまとめてみました。

自分の自信のため、もしくはパートナーを喜ばせるために少しでもペニスの大きさをアップさせましょう。

そもそもペニスの大きさアップって可能?

そもそもペニスの大きさアップって可能?

ペニスの大きさをアップさせる仕組みを知らないまま、以下のペニスの大きさをアップさせるための方法を読むと「勃起時の大きさが変わるだけで、基本的には変わらないのでは?」と思うかもしれません。

基本的には勃起時にペニスに流れ込む血流を上げることで海綿体を大きく膨張させ、勃起時のペニスサイズを上げることが目的です。

「それでは勃起時に大きくなるだけなので、平常時のサイズは変わらないじゃないか」と思われるかもしれません。

ですが海綿体は伸縮性があるものなので、勃起時に何度も強く伸ばされると少しずつ大きくなることがあります。

ゴム風船は最初は膨らませにくいですが、何度か膨らませたり萎ませたりを繰り返していると膨らませやすくなりますよね。

そして少しずつゴムが伸びて、膨らませていない状態も元より大きくなりますね。
ペニスの海綿体も同じ仕組みです。

つまり勃起時のペニスを大きくすることで通常時の大きさも変わり、それを繰り返すことで少しずつ根本的なペニスサイズがアップするんですね。

当然どの方法も速効性はないので、気長に続けていく必要があります。

食事

食事

ペニスを大きくするためには長く続けて体質から変えていく必要があります。
そのためには食生活を意識することが大切ですね。

高脂肪食や添加物などをできるだけ避けて、野菜を中心とした食事に良質のタンパク質をプラスすることで血流の良い身体を作ることができます。

さらにペニス増大のために大切な栄養素は、何と言ってもシトルリンです。

アミノ酸の一種であるシトルリンは、血管を広げたり丈夫にすることで血流をよくする、一酸化窒素の生成をサポートする働きがあります。

つまりシトルリンを摂ることで海綿体への血流量が高まり、ペニス増大に繋がると言うことです。

血管が狭くなっているために勃起が中途半端になる不完全EDにも、シトルリンが効いてくれる可能性があります。

シトルリンは男性ホルモンのテストステロンを増やすためにも大切な栄養素なので、積極的に摂っておきたいですね。

肝臓が極端に悪い場合には医師に相談した方が良いですが、その他の人にとっては副作用の心配がなく摂れる栄養素であることも魅力的です。

シトルリンが多く含まれる食べ物はスイカとメロンです。
果物にはカリウムが豊富なので、体内の余計な塩分を押し出して浮腫や血圧を下げてくれる効果も期待できます。

浮腫や高血圧はEDの原因になります。
朝食代わりにスイカを食べる習慣をつけると良いかもしれませんね。

他にはきゅうりや冬瓜など、スイカやメロンと同じウリ科の野菜にもシトルリンは含まれているのですが、スイカに比べると微々たる量となってしまいます。

毎日果物からシトルリンを摂るのが難しいようなら、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

運動

ペニスを大きくするために運動が大切なのには、2つの理由があります。

1つ目は太っていることがペニスの大きさに悪影響を与えるからです。

ペニスの大きさを手術によって外科的に改善する場合、下腹部の脂肪を切除して海綿体の露出部を大きくすることによりペニスを大きくすることがあります。

つまり過度な脂肪の蓄積によりペニスが短くなってしまうと言うことです。

長さが変化するわけではなく脂肪に埋もれてしまうだけではありますが、挿入できる部分が少なくなるのであれば短くなったと言って差し支えないでしょう。
当然見た目にも短く感じられます。

さらに肥満により脂肪が増えると身体に脂肪が付くだけではなく、血中の脂肪も増えて血管に脂肪がこびりついてしまいます。
病名で言うと高脂血症による動脈硬化や血管狭窄です。

それにより海綿体への血流が悪化するため、ED傾向になり海綿体が伸展する機会が失われて縮こまってしまいます。

これらの肥満によるペニスへの悪影響を防ぐためにも、適度な運動をして適切な体重をキープすることが大切ということです。

運動が大切なもう1つの理由は、運動による血流アップによりペニス増大が期待できるためです。
全身の血流が良くなれば、ペニスへの血流量も高くなります。

単発的な運動や筋トレではなく、長く続けて身体が温まるような有酸素運動がオススメです。
ジョギングやウォーキングなどが手軽で良いですね。

特にオススメなのが水泳です。
水泳は膝などにかかる負担が小さく、身体に優しいのに消費カロリーはとても大きく、効率よく体脂肪を燃焼できる運動です。

さらに全身にかかる水圧に身体が反発しようとして血管が広がるため、血流アップ作用が大きいのもポイントです。

適度な運動はストレス解消にも良いですよね。
自分にあった運動をして、体重やストレスをコントロールしつつペニス増大を目指しましょう。

マッサージ

マッサージ

ここまでは全身の血流を良くすることでペニスの血流も改善する方法でしたが、今度は直接ペニスに働きかける方法です。

ペニスに適度な刺激を与えるマッサージをすることで、血流を改善して増大効果を狙います。

始めにペニスを中心とした下腹部を温めます。
肩こりなども温めると血流が良くなって症状が和らぐことがありますよね。

半身浴などでじっくりと温めると良いですが、どうしても時間がないときには温タオルでペニスを包むだけでも構いません。

このときにお風呂のお湯やタオルを熱くしすぎないように注意しましょう。
精子は熱に弱いため、同時に睾丸が温まりすぎてしまうと精子に悪影響を与えてしまいます。

お風呂のお湯は40度を限度としておきたいですね。
タオルは熱いときに睾丸に触れさせないようにしましょう。

実際のマッサージのやり方に移ります。
まずは勃起前に行うマッサージです。

手の親指と人差し指で輪を作ったら、それぞれペニスの根本と亀頭の根本にかけます。

そのままペニスを下に倒して15秒キープ、同様に上、右 、左にも倒します。

手を離してペニスを解放したら、フラフラと揺らしましょう。
ペニス全体に血液を巡らせるイメージです。

15秒ほど揺らしたら、最初と同じように上下左右に倒します。

次に半勃ちの状態で行うマッサージです。

最初のマッサージを行うことで多少勃起しているかとは思いますが、不十分であれば軽く刺激を加えてください。
完全に勃起してしまっていても、それはそれで構いません。

利き手と反対の手でペニスの根本をギュッと押さえたら、利き手でペニスを握って根本から亀頭に向かって滑らせます。

強さはオナニーと同じくらいで良いですが、根本から亀頭方向へ一定に動かすようにしてください。

根本で軽く血流を止めることで頑張って血液を送ろうとし、血管が鍛えられるマッサージです。

血管が広がることで普段や勃起時に海綿体に流れ込む血液量が増えます。
マッサージは5分程度続けてください。

次に完全に勃起した状態で行うマッサージです。

先程と同様にペニスの根本を握ったら、今度はそのまま亀頭方向へ手をスライドさせます。
片手しか使わないので利き手を使うと良いでしょう。

先程よりも少し強く、血液を押し出すような気持ちで動かします。

痛みがあるようなら力を弱めて、亀頭には強すぎる刺激を与えないようにしてください。
こちらも5分程度続けます。

最後にクールダウンをしましょう。
ペニスの根本を軽く指で支えて回すように揺らします。

右回り、左回り各10回程度です。
それが終わったらペニス全体を軽く揉みほぐして完了です。

マッサージを行うときには必ずローションを使うようにしましょう。

何もつけないままではペニスを痛めてしまうことがあります。
滑りが良い方がマッサージ効果も高まります。

増大マッサージ専用のものもありますが、普通のローションでも構いません。
拭き取り不要のものだと後始末が楽ですね。

筋トレ

筋トレ

マッサージと同様に、ペニスに直接働きかける方法です。
睾丸の裏から肛門を繋いでいるPC筋と呼ばれる筋肉は、ぺニスを持ち上げるために必要な筋肉です。

これを鍛えることで勃起力が高まり、結果としてペニス増大が期待できることで知られています。

肛門をキュッと閉めたり動かすと、ペニスがピクッと動く部分があると思います。
そこがPC筋です。

PC筋の位置が分かったら、実際に鍛えてみましょう。

数回に分けてPC筋に力を入れます。
肛門に力を入れるのと似た感覚ですね。

目一杯力を入れたら、そのまま5秒キープします。
そして力を抜いて5秒です。
それを5回ほど繰り返します。

いつでもどこでもできますので、気が向いたときに繰り返し行いましょう。

普通の筋トレと同じで、たまにやる程度では変化は現れてくれません。

ただし筋肉を成長させるためには、筋肉を休ませる日も必要です。
休ませている間に筋肉が修復され、その際に元よりも大きく成長するのです。

3日行ったら1日休ませるくらいのペースが良いですね。

併せて行いたいのが下半身の筋トレです。
ペニスへの血流に直結する下半身を鍛えることで、ペニスへの血液流入量を増やすことができます。
スクワットなどが良いですね。

下腹部の脂肪を落とすことでペニスの邪魔をする脂肪をなくすこともできます。

筋肉は脂肪に比べて多くの血液を必要とするため、どの部分でも鍛える価値があります。

筋トレを行うことで成長ホルモンの分泌量を高めることもできます。

ペニスへの影響力には差があるかもしれませんが、鍛えて無駄になる部分はありません。

脂肪よりも筋肉は熱を持つため、体温が上昇することにより勃起しやすくなるメリットもあります。

適度な筋肉がついた身体は多くの女性に好まれます。
ペニス増大だけを目的とせず、引き締まった身体を手に入れるために筋トレをするのも良いですね。

精力剤

精力剤

ここまでご紹介した方法に加えて、精力剤を飲むという方法もあります。

もちろん全てのペニス増大方法と組み合わせても差し支えありません。

ペニス増大によい成分であるシトルリンは前述の通り、スイカやメロンからしか十分に摂ることができず、とても摂りにくい成分です。

継続して摂らなくては意味がないのに、毎日スイカやメロンを食べるのは難しいですよね。

そんなときはシトルリンをサプリメントで摂るのも良いでしょう。
大手の健康食品メーカー数社からシトルリンのサプリメントが販売されています。

もしくはシトルリンを主軸として、数種類のペニス増大に良い成分を配合した精力剤を飲む方法もあります。

シトルリンを配合しているライゼックスは下記を参照。

ライゼックス

実はシトルリンは単独で摂るよりもアルギニンとセットで摂る方が効果的で、二つのアミノ酸相乗効果で成長ホルモンの分泌を促すことができます。

成長ホルモンが増えると成長期に大きくなれなかったペニスの成長が促されますね。

他にも数種類の成分がペニスの成長をサポートしてくれるので、シトルリン単独でサプリメントを飲むよりも効率が良いかもしれません。

ペニス増大目的の精力剤として長く人気のあるベクノールEX。

ベクノールEX

こちらも成長ホルモンに着目した商品です。

数種類のアミノ酸やビタミン等を独自に配合することにより、成長ホルモンの分泌を増やすことに重点を置いた内容となっています。

成長ホルモンの分泌を高める精力剤を飲んでおくと、ペニスのマッサージや筋トレの効果を高めることができます。

せっかく時間と手間をかけるのなら、結果が出やすいようにサポートしておきたいですね。

まとめ

いくつかのペニスを大きくするための方法をご紹介しましたが、どれも速効性はなく長く続けることが大切です。
いくつかの方法を組み合わせるのも良いですね。

できれば栄養素による内側からのアプローチと、マッサージなど外側からのアプローチを組み合わせると良いでしょう。

早くペニスを大きくしたい余りに、速効性をうたうサプリメントや薬には手を出さないようにしましょう。

それらは日本では認可を受けていない違法な成分が含まれている可能性が高く、肝臓など臓器やペニスに害を与えてしまう可能性があります。

ペニス増大のために健康を損なっては意味がありませんよね。
最悪の場合はペニスが使い物にならなくなったり、精子に異常が出ることもあり得ます。

正しい方法で、自分もパートナーも喜ぶことができるペニスを手に入れるようにしましょう。