レッドブル

レッドブル翼をさずけるのキャッチコピーが有名なレッドブル。
エナジードリンクとしてとても有名な存在です。

レッドブルの詳細

主成分 アルギニン 120mg・ナイアシン 3mg・パントテン酸 2mg・ビタミンB6 2mg・ビタミンB2 0.09mg・ビタミンB12 2μg(100ml当たりの成分量)
通常価格 185ml缶 200円(税別)
250ml缶 262円(税別)
330ml缶 296円(税別)
販売元 レッドブル・ジャパン株式会社

レッドブルの成分は?

いわゆるエナジードリンクとして流行したレッドブルには、勃起力をサポートしてくれるアルギニンが含まれています。

アルギニンには他にも成長ホルモンの分泌を促すことで筋肉をつきやすくさせたり、血流改善により疲労回復を手伝ってくれる効果もあると言われています。

カフェインによる覚醒効果も手伝ってくれるため、疲れているときなどに飲んで全く変化がない…ということもないかもしれません。
レッドブルに入っているカフェインの量は、一般的な栄養ドリンクよりも多目です。

一緒に配合されているビタミンB群も、糖質をエネルギーに変換するサポートをすることで疲労回復に役立ってくれます。

レッドブルにはカロリーゼロタイプもありますが、疲労回復や体力アップを考えるのであれば通常タイプを飲んだ方が良いですね。

レッドブルは精力剤として使えるか?

精力剤に配合されていることも多いアルギニンが入っていると言っても、それほど多い量ではありません。
他の精力サポート成分もないためレッドブル単体では精力剤としての効果はないと言えます。

疲れが酷いときや眠気があるときに飲むのであれば、タウリンが入った普通の栄養ドリンクの方が効果的です。

タウリンが入ると清涼飲料水として販売できなくなるので配合していないのだと思いますが、疲れへのアプローチがビタミンB群とカフェインだけなのに、随分と高価な飲み物だと感じます。
唯一栄養ドリンクに勝っているのはカフェインの量が多いことでしょうか。

もしレッドブルを精力剤として使うのなら、お気に入りの精力剤と一緒に飲むことをオススメします。

吸収の早い液体のアルギニン、その吸収率をさらに高めるビタミンB群、カフェインが精力剤の働きをサポートしてくれます。

マカクラチャイダムなど滋養アップ成分が入っている精力剤と一緒に、元気が欲しいと感じる30分くらい前に飲んでおきましょう。
30分というのはカフェインの効果が現れるまでの時間を計算しています。

ただし、レッドブルに含まれるカフェインは80mgと比較的多くカフェインの摂りすぎは心臓に負担をかけます。

レッドブルは1日1本までにしておくことと、カフェイン配合の精力剤とは一緒に摂らないように気を付けてください。

アルギニンの効果を高めるためには、DHCシトルリンなどを一緒に飲むことで勃起力アップを狙うのも良いかと思います。
ただアルギニンはここぞと言うときに飲むよりは毎日定期的に摂っておく方が良いので、そういった面ではレッドブルからアルギニンを摂るのはあまり効率的ではないかもしれませんね。

返金制度

一般の市販品であるレッドブルには返金制度はありませんが、コンビニなどで1本から試してみることができるのが嬉しいですね。
体質に合うようならネット通販でまとめ買いをするのがお得です。

定期購入

定期購入を導入している販売店はないようですが、基本的に箱買いの方がコンビニで1本ずつ買うのに比べると、1本当たり20円程度安くなります。

いざというときにコンビニまで走るはめにならないように買い置きしておきたいですね。