精力増強を考えるあなたに。精力がつく食べ物を厳選して紹介

精力増強を考えるあなたに。精力がつく食べ物を厳選して紹介

現代の男性は食事などの様々な影響により、女性ホルモンが増えて男性ホルモンが低くなっているそうです。

体質として精力・性欲ともに低くなりがちということ。

さらに毎日頑張る男性たちは疲れやストレスなど精力が落ちる原因が重なるケースも多く、セックスが上手く行かない…と悩んでいることが珍しくないようですね。

そこで、精力をアップさせる食べ物を毎日の食事の中に取り入れて、精力の底上げをしてみましょう!

薬ではないので即効性はありませんが、日々の食事内容を精力アップを目的としたものにすることで、自然と精力を落とさない身体作りができますよ。

無理のない範囲で続けてみてくださいね。

精力アップの食べ物「うなぎ」

うなぎ

精力のつく食べ物と聞いて、多くの人が最初に思い付くのが、うなぎではないでしょうか。

でも、うなぎがどうして精力アップに良いのかはあまり知られていないですよね。

うなぎにはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、亜鉛が多く含まれています。

ビタミンAは健康な皮膚の維持に役立ち、ビタミンB1とB2は食事の栄養を効率的にエネルギーへ変えるために欠かすことのできない栄養素です。

そして精力アップに関わるのはビタミンEと亜鉛です。
ビタミンEは血液の廻りを良くしてくれる効果があります。

健康維持にも良い成分ではありますが、血流改善は勃起力を高めるのに必要不可欠です。

ペニスが勃起するためには、海綿体にスムーズに多くの血液が流れ込む必要があり、これが滞ると勃起しにくくなるだけではなく、結果として精力の低下にも繋がってしまいます。

もう一つの大切な栄養素である亜鉛は精子を作り出すのに必要です。
性欲が湧かない…という男性は精液の量が低下しているのかもしれません。

亜鉛は精子を作るのに必要な栄養素なのに、普段の食事では一般的に不足しがちです。
精力をアップさせるためには、意識的に摂取する必要があります。

そうは言っても毎日うなぎばかり食べられない…という方は、他の魚類や牛肉からも亜鉛を摂ることは可能です。

安定して亜鉛を摂るならサプリメントを活用するのも良いでしょう。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類からも摂ることができます。
お酒のおつまみをアーモンドにするくらいなら簡単に変えることができますね。

うなぎが精力アップにオススメなのはビタミンEや亜鉛が含まれているからだけではなく、良質なタンパク質であることも理由の一つです。

タンパク質は精力を維持するために大切な、男性ホルモンや血液、そして精子の元になるものであり、三大栄養素の一つであるため精力アップにも健康な身体のためにも大切なものです。

ダイエットをしていてタンパク質の摂取量が落ちると、体力が低下したり精力が失われる原因となります。

夏バテやストレスで疲労が蓄積しているときにも、良質なタンパク質を効率よく取り入れることができるうなぎはとても良い食材です。

少しお値段は張りますが、精力と体力のためにもうなぎを食卓にのぼらせる機会を増やしてみても良いかもしれませんよ。

追記
こんな記事を見つけました。
ウナギもスッポンも精力アップの効果は認められていない

この見出しを読むとウナギもスッポンも精力アップに無意味!という感じですが…この記事、ちょっと論点が違うんですよね。
たぶん栄養などに詳しくない方が書いているんだと思います。

もしもウナギなどの食材が勃起を促すのであれば、勃起のメカニズムに直接作用する働きを持っているはずだが、実際にはそうした働きは確認されていない。

勃起のメカニズムというのは、性的興奮が引き金となり脳から一酸化窒素を放出する指令が出ることにより血管内の一酸化窒素が増え、それにより血管が拡張しペニスに血液が流れ込んで海綿体が膨張するというもの。

さらに詳しく言えばcGMPと呼ばれる物質が筋肉を緩ませることにより勃起を起こし、PED5という物質が勃起を終了させます。

ED治療薬はPED5を邪魔することにより、効率的に勃起を維持させるという仕組み。

こんなシステムに直接介入できる食品なんて、そうそうありません。

この勃起メカニズムに触れないからウナギ・スッポンが精力アップに無意味!というのは、とても短絡的すぎますね。

すでにお話ししたように、ウナギには亜鉛やビタミンEが豊富に含まれています。

精子の量を増やすことは当然精力アップに繋がりますし、ビタミンEによる血行改善ももちろん大切です。

全身の血流が改善するということは、ペニスの血流も改善すると言うことです。

さらにビタミンEやウナギに含まれるEPD・DHAには抗酸化作用があるので、活性酸素が増えることによる一酸化窒素生成量低下にも意味があります。

スッポンにも各種ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているため、精力アップのための体質改善に一役買ってくれることに。

つまり記事で言う「精力アップできない」というのはED治療薬のような即効性はないという意味。

食品で薬と同じ効果があったらビックリですよね。

そうではなく精力を高めるために意味があるかないかで言えば、精力がつく食べ物としてウナギもスッポンも十分に意味がありますよ。

精力アップの食べ物「スイカ」

スイカ

夏に登場するスッキリとした甘さで大人から子供まで人気のスイカは、実は精力アップに効果がある食べ物なんです。

その秘密はスイカに含まれるシトルリンというアミノ酸にあります。

シトルリンは体内でアルギニンに変わるのですが、そのときに一酸化窒素を作り出します。
この一酸化窒素には血管を広げる効果があるため、血流が良くなります。

ペニスの血管が広がってたくさんの血液が海綿体に流れ込むということは、勃起しやすくなるということです。

継続的にシトルリンを摂り、高い血液流入量を維持することでペニス自体を大きくする効果が期待できるため、多くのペニス増大サプリメントにシトルリンが配合されています。

ミネラルの一つであるカリウムも豊富に含まれているため、浮腫みで身体が重たくなっている方にもオススメです。

身体の中から不必要な塩分を排出する助けもしてくれるので、血圧が高めの方にも良いでしょう。
高血圧は精力を失わせる原因の一つでもあります。

塩分過多が続くことで血圧が高い状態が続くと、血管がどんどん固くなり血流が悪化します。
そのため海綿体に十分な血液が流れなくなるので、勃起しにくくなったり固さが不十分になるという仕組みです。

魅力的な成分であるシトルリンですが、スイカとメロン以外にはほとんど含まれていません。

毎日のデザートをスイカにするのが難しいようであれば、サプリメントを利用した方が簡単かもしれません。

精力アップの食べ物「にんにく」

にんにく

こちらも精力アップに効果的な食材として有名ですね。

以前はにんにくの臭いの原因であるアリシンが精力アップに良いと思われていましたが、オキソアミヂンと呼ばれる成分の方に強い効果があることが分かりました。

もちろんアリシンにも同様の効果があるのですが、オキソアミヂンの方が勝っているようです。
にんにくのサプリメントが臭わないのはこのためですね。

ニラもニンニク同様にニオイが気になる食材ですが、同じようにアリシンが含まれています。

ニンニクそのものを食べにくいときには、ニラも上手に活用していくと良いですよ。

アリシン、オキソアミヂンが精力アップに良いのはいくつかの理由があります。
まずは血流を良くして全身の血流量をアップしてくれることです。

もうお分かりとは思いますが、それはつまり勃起力を高めることにも繋がりますね。

さらに全身の血流量が上がると身体の中を巡る酸素の量も上がります。
そうすると疲れが軽減して、なんだか元気になったように感じるのです。

にんにくの滋養アップに速効性が感じられるのはこのためです。

オキソアミヂンには精子の量を増やす効果も認められているため、精力アップに直接関わってきます。

にんにくに含まれる亜鉛とのダブルパワーで、精液の量や勢いを高めてくれるんですね。

にんにくの血流改善効果は高血圧や糖尿病、高コレステロールや脳梗塞、心筋梗塞などにも良いとされています。
実はこれらの病気はED状態を引き起こす大きな要因です。

体型維持や運動なども大切ですが、にんにくを毎日の食事に取り入れることで病気を予防することも、健康的で精力みなぎる日々には欠かせないと言えるかもしれません。

にんにくの特有の臭いが気になる…という方も少なくありませんので、便利なサプリメントを活用する方も多いかもしれませんね。

しかしできれば生のにんにくを積極的に食べてほしいと思います。

生のにんにくの鼻に抜ける臭いと、食べたあとの身体が暑くなるような感覚こそが、精力アップに貢献してくれるはずです。

にんにくをいっぱい食べると元気になってきた!やってやるぞ!という気持ちになりますよね?
あれは単なる気のせい、プラシーボ効果ではないと思います。

ちなみに生のにんにくと一緒に100%のりんごジュースを飲むと、臭いがかなり軽減されますよ。

精力アップの食べ物「たまねぎ」

たまねぎ

食事からの精力アップを狙うなら、一番取り入れやすいのがこちらです。
健康に良いことでよく知られるたまねぎですが、精力低下にも絶大な効果があると言われています。

代表的な男性ホルモンの一つであるテストステロンは、少なくなると精力や性欲がどんどん落ちてしまいます。
しかしテストステロンは年齢と共に生産する能力が下がってしまいます。

疲れやストレスもテストステロンを減らしてしまう原因になります、

テストステロンが足りないままだと精力が低下するだけではなく、男性の更年期障害になってしまう可能性があるんです。

その症状は女性の更年期障害と同じくイライラ、うつ状態、無気力…などです。
原因が分からないと解決に結び付かない難しい病気ですよね。

それを防ぐためにもたまねぎを毎日食べることが大切です!

たまねぎに含まれるメチイン、イソアリイン、シクロアリインという三つのアミノ酸がテストステロンの分泌量を増やしてくれることは、マウスを使った実験で証明されています。

にんにくに含まれている精力アップ成分のアリシンも、たまねぎにも含まれていますよ。

精力アップのためにはたまねぎを毎日半玉ほど食べると良いとされています。

たまねぎの嬉しいところは、生でサラダ、炒めもの、煮物、お味噌汁の具などありとあらゆる料理法方が可能なところです。

毎日同じ食材を続けるのは飽きてしまいますが、毎日違う料理なら無理なく続けることができますよね。

さらにたまねぎに含まれるポリフェノールの一種であるケルセチンには、血液をサラサラにする効果があり、心疾患の予防や高血圧に良いと言われています。

花粉症や慢性鼻炎などのアレルギーを改善する効果もあるようですよ。

仏教など一部の修行僧の中には「性の力が高まりすぎる」という理由で、たまねぎを食べないようにしている人たちもいるようです。

それほどまでに精力アップに効果的であり、低価格で食べやすく続けやすいたまねぎは、必ず食べるようにしておきたいですね。

精力アップの食べ物「山芋」

山芋

若い人には馴染みがないかもしれませんが、昔から妻が夫に「今夜は頑張ってほしい!」と思うときは山芋を食べさせていたのです。

子供が欲しい夫婦に薦める食材の代表でもあったようですよ。

そんな山芋の精力アップ成分の中で、一番効果があり期待できるのがアルギニンです。

アルギニンは海綿体への血液流入を補助したり、勃起に必要なcGMPという物質を補助するのにも大切なアミノ酸です。

強く長く勃起をさせるために必要不可欠なアミノ酸であることや、加齢やストレスなどで減少してしまうことから、多くの精力アップ系サプリメントなどに配合されています。
それがたっぷりと摂れる自然の食べ物が山芋です。

ちなみに山芋=長芋と考えて差し支えなく、スーパーなどでは長芋と書かれていることが多いですよね。

次に注目したい山芋の成分はムチンです。
あのネバネバの元になっている成分で、同様にネバネバしているオクラやなめこなどにも含まれています。

山芋は頻繁に食べにくい食材なので、日常的にはオクラやなめこなどを取りいれて行くと効率的。

ムチンは腎臓や肝臓を健康に保ったり、胃粘膜を保護するなどの効果がありますが、ここで大切なのはタンパク質の吸収を高める効果です。

肉や魚、大豆などからタンパク質を摂っても、身体が疲れているときは消化機能が落ちているなどの理由から、上手く体内でタンパク質を利用できないことがあります。

ムチンを摂っていることで食事からのタンパク質を有効に活用することができ、体力回復、滋養アップや免疫力アップ、新陳代謝の活性化などに繋げることができるんです。

新陳代謝の活性化は細胞が増殖する機能を高めることになり、精子や精液の製造能力が上がることにもなりますね。

そしてジオスニゲンという成分も精力アップに貢献してくれます。

体内にはDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)という男性ホルモンの一種があり、精子の生成に欠かせないホルモンです。

ジオスニゲンはDHEAの働きを助けてくれる効果があります。

その精力アップ効果があることが認められているアメリカではジオスニゲンが配合された精力剤が人気なのですが、日本では医薬品にしか配合することができない成分であるため、市販の精力剤やサプリメントには配合されていません。

その成分が山芋を食べることで摂れるのなら簡単ですよね。

山芋の精力アップ成分は熱に弱いものが多いため、できるだけ火を通さずに食べるのが良いでしょう。
すりおろして、とろろ芋の状態で食べるのが良いですね。

生卵を入れて食べると良質なタンパク質を摂ることができるので、さらに滋養を高める効果が上がるのでオススメです。

精力アップの食べ物「納豆」

納豆

精力アップに絶大効果!というほどでもないんですが、個人的にオススメしたいのがこちら。

何故なら単純に健康に良く、とても摂りやすい食材だからです。

納豆の精力アップ効果としてはナットウキナーゼによる血流改善効果、ネバネバ成分ムチンによる疲労回復効果などが期待できます。

他にも血糖値・コレステロールの上昇を抑えるなど、健康診断の結果が気になる方にはとても良い食材。

肉や魚をあまり積極的に食べていない人にとっては、重要なタンパク源にもなりますね。

タンパク質の不足は男性ホルモンの低下を招くので、シッカリと摂りたい重要な栄養素です。

納豆が良いのは、実に手軽に食べれること。

パックを開けたらかき混ぜてご飯にかけるだけ。

私はそのまま食べるのも好きです。

アレンジも自由自在で、毎日食べても飽きない食材ですよね。

うなぎやスイカが精力アップに良いと言っても、毎日続けるのはなかなか大変。

その点納豆はうなぎなどに比べると実力不足ではありますが、手軽さでは軍配が上がりますので精力アップに良い食材と言えます。

精力アップの食べ物「ゴマ」

ゴマ

昔から健康に良い食材として知られているものの一つ。

サントリーがセサミンという商品を販売してから、特に注目されるようになりましたね。

セサミンはゴマに含まれる栄養成分の一つであり、抗酸化作用が高い物質です。

加齢やストレス・生活習慣の乱れによりサビ物質である活性酸素が増えると男性ホルモンであるテストステロンが減少したり、血管が狭くなって血流が悪化します。

つまり活性酸素を減らすことが、精力アップにつながるということ。

抗酸化物質であるセサミンを摂ることは活性酸素を減らすサポートになるので、精力アップを考えるなら積極的に取りいれたいですね。

亜鉛やセレンなど精子を増やすために必要なミネラルも、ゴマを摂っておくことで不足を防ぐことができます。

ただしゴマは大量に食べることができないですし、摂り過ぎも良くないもの。

ゴマだけで精力アップを考えるのではなく、他の精力アップ食材と一緒に摂るようにしましょう。

さらにゴマは消化しにくい食品なので、すりごまで食べる方が栄養を効率良く摂取できますよ。

精力アップの食べ物「カキ」

カキ

「海のミルク」と呼ばれる栄養豊富な食材。

タンパク質のほか精子をつくるのに欠かせない亜鉛・貯蔵糖と呼ばれるグリコーゲンも豊富。

グリコーゲンを食品から摂ることは効率よくエネルギー源を摂取できるということなので、疲労回復・集中力アップ・運動効率アップなどの効果が期待できます。

また、アミノ酸の配合バランスも良い食品なので、特に疲れが取れないタイプの方に向いている食材ですね。

食材として精力アップに良い栄養がたくさん含まれていますが、うなぎ同様毎日食べるのは難しい…。

日常的にはタマネギやニンニク・納豆など続けやすい食材を食べて、ここぞという時にはうなぎや牡蠣を食べると良いですね。

精力アップの食べ物「ショウガ」

ショウガ

風邪に効く漢方薬である葛根湯に配合されている、ショウガ。

冷え性の女性でショウガ湯を飲んでいる人もいます。

ショウガが身体を温めてくれるのは、ショウガに含まれる辛み成分ジンゲロールが血管を広げて血流を良くしてくれるから。

ショウガを加熱することによりジンゲロールから発生するショウガオールも、血行促進・血管拡張効果がある成分です。

つまりショウガを摂るなら、生で食べるよりも加熱する方が効率的。

黒ショウガであるクラチャイダムは、ポリフェノールなど栄養成分が普通のショウガよりも豊富でさらに精力アップにオススメ。

クラチャイダムサプリのオススメはこちらを参考にしてください。
クラチャイダムサプリ おすすめランキング

精力アップの食べ物「アボカド」

アボカド

女性に人気の高いアボカド。
私も大好きですが、うちの夫も含め男性にはあまり人気がないですよね…。

でも森のバターと呼ばれるアボカドには、栄養がタップリ。

精子を作るのに必要な亜鉛やカリウム・セレンをはじめ、血流アップに良いビタミンEも入っています。

さらに精力アップ成分として有名なアルギニンも豊富なんです。

アボカド1個(約140g)あたりのアルギニン量は140mg程度。

精力サプリのアルギニン量は200~300mgなので、食材から摂れる量としてはかなり多い方ですね。

栄養豊富な分カロリーも高めなので、食べ過ぎには注意です。
1日1個までにしておきましょう。

精力アップの食べ物「トマト」

トマト

トマトの健康成分と言えばリコピン。

トマトジュースで有名なカゴメで行われた実験で、「精子濃度・運動性が悪い男性に1日1本190gのトマトジュースを飲んでもらったところ、12週間の継続摂取で精子運動率の上昇・精液中白血球数の改善が見られた」という結果が出てきます。

この実験で使ったと予想されるカゴメのトマトジュースに入っているリコピンは18mgであり、通常のトマト2~3個を食べると18mgのリコピンを摂取できます。

それほどのトマトを毎日食べることは大変ですが、ミニトマトを少しずつでも良いのでなるべく続けるようにしたい食材です。

まとめ

以上の食品をバランスよく毎日の食事の中に取り入れ続けることで、少しずつ精力を高めることが可能でしょう。

当然薬ではないので即効性はなく、毎日続けることが何よりも大切。

一つの食材を続けて食べるのは難しいし飽きてしまうので、精力アップに良い食材をローテーションさせていくと良いですね。

ただ毎日精力アップ食材を取り入れた献立を考えるのは大変ですし、効果を実感できるまでには時間がかかります。

とりあえず手軽に精力アップを狙いたいという場合には、補助的に精力剤を使ってみるのも良いかもしれませんね。

ある程度の精力がついてきたら、食事のサポートだけでも精力維持が可能になるかもしれませんよ。

精力アップに良い食材は健康維持にも良いものばかりなので、健康な身体を作ることができるのも嬉しいですね。

健康な身体とハツラツと元気な精力を維持して、楽しい毎日を長く過ごせるようにしましょう!