マカ&クラチャイダム20000+(プラス) (旧名:マカ&クラチャイダム12000+)

マカ&クラチャイダム20000+(プラス)

精力低下が気になる男性が注目する成分であるマカクラチャイダム

その両方が入っているのにお手頃価格で人気のサプリメント、マカ&クラチャイダム12000プラスが、2018年の4月にマカ&クラチャイダム20000+にリニューアル!

配合量がさらにアップしていますが、相変わらずお値段据え置き良心設定。
数字が「12000」から「20000」に増えましたが、どれくらい内容が変わったのでしょうか?

オススメの飲み方や気になる副作用まで薬剤師が詳しく解説します。

精力剤成分として人気のマカとクラチャイダムの両方が摂れるのに、お手頃価格で人気のサプリです。
2度のリニューアルでどこまで成分配合量を伸ばしているのか、要チェックですよ!

マカ&クラチャイダム20000プラスの詳細

主成分マカ200mg・クラチャイダム210mg・アルギニン210mg・亜鉛含有酵母15mg・スッポン末21mg・赤マムシ末21mg・牡蠣エキス末3mg・トンカットアリエキス末0.3mg(内容量は1日分当たり)
通常価格4,500円(税別)
販売元株式会社ECスタジオ

マカ&クラチャイダム12000+からマカ&クラチャイダム20000+になって、何が変わったの?

すでにマカ&クラチャイダムについてご存じの方もいると思いますので、まずはリニューアルで何が変わったのか簡単に見てみましょう。

大きく変わったのは成分量と飲む量。成分は以下のように増量しています。

公式サイトにも変更量が記載された表がありますが、そちらは1袋あたりの成分量表示のためわかりにくいので、こちらでは1日量に直してあります。

  • マカ:200mg (変わらず)
  • クラチャイダム:200mg → 210mg
  • アルギニン:200mg → 210mg
  • すっぽん:20mg → 21mg
  • 赤マムシ:20mg → 21mg
  • 亜鉛酵母:10mg → 15mg
  • 牡蠣エキス:2mg → 3mg
  • トンカットアリエキス:0.2mg → 0.3mg

今まではマカ・クラチャイダム・アルギニン以外の成分量は明記されていなかったのですが、リニューアルに伴いすっぽんや赤マムシの成分量もわかるようになりました。

全ての成分量を足すと20,409mgと20,000mgを超えることから、「マカ&クラチャイダム20000+」と言う名前に変わったんでしょうか?

ただ正直思ったほど内容は変わっていません…。

クラチャイダムが6,000mgから6,300mgに増量!と言えば聞こえは良いですが、実際のところ1日分では10mgしか増えていません。

「マカ&クラチャイダム12000」から「マカ&クラチャイダム12000+」になったときにはアルギニンが新規追加されたので結構変わったのですけどね。

成分の微々たる増量のほかにも、1袋あたり60粒から90粒に増えたようです。

ただこれは1日分の飲む錠数が増えたというだけで、特に大きなメリットはないですね。

あとは「マカ → 酵素分解マカ」に変わったと記載がありますが、マカと酵素分解マカの違いについて明確化されていないため、どの程度変わったのかわかりません。

従来品よりも大きく変わって良くなった!というほどではないですね。
「あんまり変わらないけど、企業努力が嬉しい」という程度です。

商品名に入っている数字がかなり大きくなったので期待しましたが、実はそれほど変わっていませんでした。
ただ期待はずれ!ということはなく、元々の商品自体は良いものなので少しでも成分が増えるのは良いことです
商品の詳細については以下を参考にしてくださいね。

マカ&クラチャイダム20000プラスの成分を解説

マカ&クラチャイダム20000+の中には、マカ・クラチャイダムのほかにアルギニン・亜鉛含有酵母・スッポン・赤マムシ・牡蠣・トンカットアリが含まれており、何らかの効果を期待して配合されている成分は全部で8つです。

成分の種類数はそれほど多くないですが精力剤選びで大切なのは種類の多さよりも配合量なので、特に問題はありません。

それでは肝心の成分の内容、配合量からの評価について詳しく見てみましょう。

成分量は1日3粒、1か月1袋ペースで飲んだときのものを参考にしています。

マカ

ペルー原産の植物で、2,000年以上前から滋養食として重宝されています。

滋養強壮や体力増強に良いアミノ酸が豊富であり、特に血流アップに欠かせないアルギニンが含まれているため精力剤に配合されます。

さらにベンジルグルコシノレートという物質が精子の質や運動性を上げてくれます

同様に精力剤成分として有名なクラチャイダムと比較するとアミノ酸量では劣りますが、亜鉛はマカの方が多い上に価格もお手頃なのが魅力。

マカのみで効果を期待するには1日400mgあるのが理想ですが、マカ&クラチャイダムでは1日200mg。

ちょっと少ないですがクラチャイダムとあわせると、それなりに期待できる量になります。

クラチャイダム

黒ショウガ・ブラックジンジャーと呼ばれる植物の名前。

タイや周辺諸国で古くから親しまれている滋養強壮剤であり、現地では根茎をお茶として飲んだりそのまま食べたりしています。

クラチャイダムの摂取で期待できるのは滋養・強壮効果のほか、血流改善・冷え性改善・浮腫み改善・ダイエット効果・抗酸化作用など。

さらにオリザ油化株式会社の実験により、バイアグラなどED治療薬に近い性機能改善効果があることもわかっています。

ここが一番気になるところだと思いますが、オリザ黒ショウガエキスカタログに実験結果が掲載されています。

クラチャイダム単体で効果を得るためには理想では1日1,000mg、少なくても1日500mgは欲しいですね。

こちらの商品のクラチャイダム量は1日210mgと理想の量に届かないですが、マカが配合されていることと低価格なことを考えれば合格かなと。

アルギニン

体内で合成できず食事から摂取する必要がある、必須アミノ酸の一種です。

体内でのアルギニンの働きは、一酸化窒素合成酵素と合わさり一酸化窒素を合成すること。

一酸化窒素が増えると血管が広げられるため、血流が良くなります。

男性の精力低下の原因はストレス・加齢や生活習慣の乱れによる男性ホルモン低下や血流悪化が主なので、血流が改善することで男性機能に良い影響が。

ただアルギニン単体で効果を得るためには1日5,000mg程度必要であり、それほどアルギニン高配合の精力サプリは見かけません。

精力サプリの中ではマカ&クラチャイダムのアルギニン量は、ごく一般的ですね。

亜鉛含有酵母

ミネラルの1つであり、精力剤に配合されることが多い成分。
その理由は精子の量や質を維持するために、亜鉛が欠かせないからです。

マカ&クラチャイダムに入っている亜鉛含有酵母とは、亜鉛そのものとは少し異なり、亜鉛を酵母内に取り込ませて発酵させたものです。
亜鉛をそのまま摂るよりも、吸収率が良くなります。

厚生労働省による国民健康・栄養調査によれば、成人男性が1日に摂っている亜鉛は8.9mgほどなので、食事だけでは不十分です。
成人男性の1日摂取目標は12mgなので、こちらの商品の15mgだけで十分足りることになります。

スッポン

スッポンとはカメの仲間で、日本や中国で古くから食材として親しまれています。

滋養強壮によいことが知られており、食材としてはそのまま肉を食べたり血を飲むなどし、サプリメントとして摂るときには全体を乾燥させて粉末とします。

スッポンに含まれる健康成分はアミノ酸・ビタミン・亜鉛・コラーゲンなどで、疲労回復美肌に良いとして様々なサプリメントに配合されています。

配合量は1日分21mgとごくわずかなので、効果を期待できるものではありません。

赤マムシ

クサリヘビ科の毒蛇であるマムシの赤く変色した個体を、赤マムシと呼びます。

マムシを漢方として用いる場合には皮と内蔵を外して乾燥させ、ハンピと呼び滋養強壮目的で配合されます。

医療用としても使われる成分ですが、21mgでは何も変わりません。

牡蠣

「海のミルク」とも呼ばれる、海の完全食品。
肝臓が丈夫になるだけではなく、精子を元気にする効果も一部実験で認められています。

ただ牡蠣エキス3mgというのは、ちょっと考えても影響が得られなさそうなほど少ないですよね…。

牡蠣エキスの効果を期待するのは難しそう。

トンカットアリ

東南アジア地方で栽培される、ハーブの一種であり、性ホルモンを増やす効果や、血行を改善する効果が認められています。

海外では精力増進のためによく使用されている成分ですが、マカ&クラチャイダムに入っているごくわずかな量では効果は得られません。

トンカットアリはないものと考えた方が良いくらい、わずかな量しか入っていないですね。

マカ&クラチャイダム20000プラスの配合量ってどう?

スッポン、赤マムシ、牡蠣、トンカットアリなど精力増強をサポートする成分が一緒に配合されているのも嬉しいですが、どれも微量なのであまり効果は期待できず。

まあ付属成分の量がこれらの成分がオマケ程度だとしても、マカ・クラチャイダム・アルギニン・亜鉛の含有量と価格を考えれば妥当、むしろコスパ良好です。

特にクラチャイダム含有商品は高価格帯のものが多いので、クラチャイダムを1日210mg摂れて1日約120円というのはかなり良心的。

ED治療薬を除けば「精力剤」と呼ばれる商品は、「毎日続ける」ことが大切です。

無理をして高い商品を買っても続けることが難しくなってしまうので、低価格帯かつ配合量も悪くないというのは嬉しいポイントですね。

主婦的に大事なのは、配合量の次にお値段!
マカ&クラチャイダム20000+は精力剤製品の中でもかなりお安い部類です。
安いからと言って成分量が低すぎるということもないので(もちろん高価格帯のものより高配合…なんてこともないですが)良いですね!

マカとクラチャイダムって一緒に飲む意味あるの?

精力剤成分として今一番注目を浴びている「クラチャイダム」の解説をみると、クラチャイダムはアルギニンなどほとんどの栄養成分がマカより優れている!なんて書かれていますよね。

それを考えると「マカよりクラチャイダムの方がいいなら、クラチャイダムだけ飲んでればいいんじゃない?」と思うかもしれません。
これは一部正解で、一部間違いです。

マカとクラチャイダムは精力アップを期待する成分という面では同じものですが、ちょっとだけ方向性が違うんです。

確かに勃起力を直接高めるアルギニンなど、ほとんどのアミノ酸や鉄分・ポリフェノールなど健康成分においてはクラチャイダムの圧勝です。
でも亜鉛・バリン・ロイシンだけはマカの方が多いんです。

亜鉛が精子に良い影響を与えることはよく知られていますが、バリン・ロイシンは別の角度から精力アップにアプローチしてくれます。

バリン・ロイシン・イソロイシンは分岐鎖アミノ酸と呼ばれ、その略称はBCAAと言います。
スポーツドリンクなどに「BCAA配合!」などと書いてあるのを見かけますね。

BCAAは運動中に筋肉で消費されるアミノ酸で、運動中に効率よく筋肉をつけるために欠かせない栄養素です。

もう1つBCAAには大切な役割があり、それは「中枢性疲労を軽減する」というもの。

中枢性疲労とは脳が主に感じる疲労のことで、精神的な疲労のことです。
単純な肉体的な疲労・ストレスなどから起こります。

本当は肉体的にはそれほど疲れていないのに、「疲れた~…」と感じるのは、BCAAが不足して中枢性疲労が起こっている可能性が高いんです。

つまり「いつも疲れている感じがする」「なかなか疲れが取れないと感じる」方は、クラチャイダム単体よりもマカとクラチャイダム混合サプリの方がオススメ

逆に疲れが原因で精力が落ちているわけじゃない!という方はクラチャイダム単体の方が良いですね。

クラチャイダムはマカよりも高価なので、クラチャイダム単体製品もお高いです。
マカを混ぜることにより、栄養素は摂りつつもお値段を抑えるというメリットもありますよ。

マカとクラチャイダムは似て非なるもの。
お値段の差は当然として、お悩みによっても使い分けが大切です。
疲労による活力低下を感じるなら、マカ混合製品から試してみても良いかも。

マカ&クラチャイダム20000プラスの副作用は?

マカ&クラチャイダム20000プラスに含まれる成分はどれも食品由来のものなので、基本的には副作用の心配はいりません。

ただ、例外的にいくつか注意が必要なケースがあります。

女性が飲む場合

ホルモンバランスに影響を与えるため、良い変化が出ることもありますが、生理不順など悪影響が出ることもあります。
パートナーと一緒に飲む場合には、十分に注意してください。

頭痛・吐き気

マカやクラチャイダム・アルギニンには血管拡張作用があるため、脳の血管を広げて頭痛を起こすことがあります。
あまり見られない副作用ではありますが、もとから頭痛がちという方は注意が必要です。

アレルギーが出る場合も

マカ・クラチャイダム(黒ショウガ)のアレルギーは、かなり少ないですが報告されています。
また微量ではありますがスッポン・赤マムシ・牡蠣・トンカットアリも含まれているので、特に牡蠣アレルギーの方は飲まない方が良いですね。

遅行性アレルギーという摂ってから何日か経ってから症状が出るアレルギーもあるので、皮膚の変化や胃腸の状態に違和感が出ないかチェックしながら飲んでください。

マカ&クラチャイダム20000プラスはいつ飲む?効果的な飲み方を解説

マカ&クラチャイダム20000プラスは、このサイトの分類では「毎日飲む」サプリメントです。
つまり「今!」という瞬間に狙って飲むものではないですね。

アミノ酸は空腹時の方が吸収が良いこと・BCAAが疲労にも良い影響があることを考えると、オススメは寝る前です。

そして1番気になるのは「どれくらい飲むか」ということだと思います。

この商品、オススメの量が「2~6粒」とかなり幅広いんですよね…。

  • 1日3粒:マカ200mg、クラチャイダムとアルギニン210mg
  • 1日6粒:マカ400mg、クラチャイダムとアルギニン420mg
  • 1日9粒:マカ600mg、クラチャイダムとアルギニン630mg
MEMO
9粒だとクラチャイダム王などクラチャイダム単体商品の量を超えますが、値段も超えます。
クラチャイダムゴールド:8,400円
マカ&クラチャイダム20000+:9,450円
(定期コース、1か月利用時)

マカ単体だと推奨摂取量は1500mg程度、クラチャイダム単体だと推奨量が400mg~600mgということを考えると、1日9粒はいらないと感じますね。

1日3粒の量でも「ちょっと精力・体力サポートしておきたいな~」程度なら良いとは思いますが、個人的オススメは1日6粒
これだとマカ・クラチャイダム・アルギニンの量が、推奨摂取量を考えるとバランス良いのではないかなと思います。

まずは1日6粒から始めておいて、実感を得られたらちょっとずつ減らして様子をみても良いですね。

1日9粒より多くなると亜鉛の摂取量が多すぎて吐き気など胃腸障害を起こす可能性が高くなるので、多くても9粒までにしてください!
9粒で飲むときには、他の亜鉛を含む製品と一緒に飲まないようにした方が良いですね。

飲む量をコントロールできるのは、おもしろいところ。
医療用薬でも体調や数値を見ながら量をコントロールしますよね。
疲れがひどいときや、精力が特に落ちていると感じるときにはちょっと増やしたり、実感を得られたら減らしてみたりと自分で調節しながら体調を整えてみてください。

返金制度

返金制度はないようです。しかし他の精力剤に比べて圧倒的に値段が安いので試しやすいですね。

1袋だけ頼むと4,500円(税別)+送料がかかります。

1袋の定期コースだと初回は990円、2回目と3回目は3,600円なので合計8,190円(税別)で、3袋を試すことができます。

定期購入

最初の1回目は1袋990円(税別)と破格です。1ヶ月に2~3袋を頼むコースでも最初は1袋当たり990円になります。

2回目以降は月に何袋頼むかで割引率が異なります。

  • 月に1袋:3,600円(20%オフ)
  • 月に2袋:6,750円(25%オフ)
  • 月に3袋:9,450円(30%オフ)

定期購入は3ヶ月以上の継続が必須のため、まずは1袋コースで試してみるのが良いですね。

マカ&クラチャイダム20000プラスの最終評価

近年精力サプリで人気の成分クラチャイダムと、以前から変わらず人気のあるマカの両方を配合しており、その配合量は決して多くはないものの値段を考えれば妥当

最少量の1日3粒でコントロールできるなら、1ヶ月3,600円(税別)と、精力剤系サプリとしては最安値レベルです。

返金制度はないですが初回が安いので3か月試しても1万円以下というリーズナブルさ。

精力サプリは結局最低でも2ヵ月は続けないと意味がないので、あれこれ手を出すよりはこちらをキッチリ3か月続けて様子を見る方が良さそうです。

調子が落ちている時は量を増やして様子を見るなど量の調節がしやすいのも扱いやすいですね。

1日分の配合量は多少心もとないんですが、あまりお金をかけずにクラチャイダムを試してみたいという方にはピッタリな商品です。

精力剤製品を評価するのに、薬剤師的目線では「成分量」そして主婦的目線では「価格」が気になります。

その両方において「いいんじゃないかな?」と思えるのが、この製品。
「まずは3か月続ける」のが精力アップ製品の基本です。自分の懐具合と相談して無理なく続けられるものを選ぶのもポイントですよ。